SEO対策はオワコン?LINE・メルマガでSEOの質問をいろいろ募ってみた(随時募集中)

この記事は約12分で読めます。

SEO対策はオワコン?LINE・メルマガでSEOの質問をいろいろ募ってみた(随時募集中)

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、LINE・メルマガで募ったSEO対策に関する疑問や質問に回答しています。

SEO対策とはいったい何なのか?」少しでも疑問に思ったら、是非みなさんの質問と、それに対する僕の回答をご覧ください。

※SEO初心者の方は↓のSEO初心者向けの記事も是非参考にしてください。

SEO対策のやり方をSEO歴8年のプロがたった1記事で解説してみた(随時更新中)

セルフでSEO対策できる!自社サイトSEOセルフチェック診断表【ツール不要】

SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。
SEO対策実績と成功事例【職務経歴書】
Googleの検索エンジンを使ってWebサイトの営業・マーケティングを強化するやり方をSEO対策と言います。SEOでは「ホームページやブログのコンテンツの検索順位を上位表示させた実績」が大事ですが、正しくキーワード選定・作成したロングテールキーワードでないと意味がありません。SEO会社ごとに独自の正しい解説情報やコツ、自社オリジナルのツールやリンクの獲得方法を確立しており、その緻密で複雑なノウハウの基、SEOの実績が成り立ちます。そのためSEOの実績の有無はSEOを依頼する上でとても大事な指標になります。※SEO会社と言えば株式会社ジオコードさんが有名です。事業内容はSEO対策・リスティング広告運用・ウェブ制作サービス。社員紹介のインタビュー記事も勉強になります。弁理士。

SEO対策とは?SEOはオワコン?

SEO対策はオワコン?LINE・メルマガでSEOの質問をいろいろ募ってみた(随時募集中)

SEO対策とは検索エンジン最適化」と呼ばれ、Webサイトのページやブログ記事の検索順位をGoogleの検索結果で上位表示させるウェブマーケティング手法を指します。

キーワード選定やリンク構造、コンテンツの情報量が充実しているなど「ユーザーに評価されるサイトほど、Googleの検索エンジン経由でアクセスが増える仕組み」になっています。

そのため、SEO対策ツールを使って記事を量産するなど人間味のないユーザーから評価されないサイトは検索順位をすぐに落とされ、徹底的にユーザー目線に立ったサイトはGoogleに評価され、じわじわと検索順位が上がっていきます。

SEO対策はこれからどうなるのか?SEO対策の未来を知りたい

SEO対策はオワコン?LINE・メルマガでSEOの質問をいろいろ募ってみた(随時募集中)

2020年になって、SEO業界はさらに厳しさを増しています。

昔のように「外部リンクを張れば検索順位が上がる」という単純な手法が通用しなくなり「なにが正解なのか?」だんだんと分からなくなってきました。

そんな中、SEOの未来に不安を抱える人も少なくありません。

特に今はSNSやYouTubeも台頭し始めているので「SEO対策はオワコン」「これからはSNSやYouTubeの時代」という風潮が蔓延し始めています。

確かに、それは否めません。

SEO対策はこれから難易度が高くなり敷居がドンドン高くなっていくでしょうし、資金力を持った大手企業など個人サイトよりも企業サイトが優遇されるでしょう。

一生懸命作ったサイトも、Googleのアップデートでいとも簡単に検索順位を下げられてしまいます。

Googleの検索画面も、強調スニペット(Googleマップや求人情報、YouTubeなど)が自然検索より上位に表示されます。

SEO対策を頑張れば頑張るほど、結果が思うように伴わず、しんどい想いをする人が増えていくでしょう。

しかしその一方で、SEO対策が軌道に乗れば中長期的に安定的にアクセスを稼げます。

リスティング広告などの有料広告と違って、SEO対策は無料で集客できるので費用対効果もかなり高いです。

SEO対策は軌道に乗るまでの道のりはかなりしんどいですが、軌道に乗った後の恩恵はかなりデカいです。

なんだかんだ、SEO対策で上位表示しているサイトの集客力は半端ないのでSEO対策も捨てたもんじゃありません。

SNSなんかは更新を止めた途端アクセスが減っていきますから常に発信を続けていかなきゃいけませんし、リスティング広告も広告費の高騰で参入がどんどん厳しくなっています。

SEO対策以外の集客方法も決して楽ではないのです。

とは言え、SEO対策もこれからは多様化させないと生き残れない時代なので、SEO1本に依存せず他のプラットフォームと一緒に運用することをおすすめします。

他のプラットフォームで集客できない人のサイトは、SEOの検索順位が上がりにくくなっている」と言っても過言ではありません。

実際にSNSやYouTubeなど、他のプラットフォームで影響力がある人のサイトは検索順位が上がりやすくなっています。

そのため、これからのSEO対策は、他のプラットフォームを活用しながら間接的にSEOを軌道に乗せていく流れが主流になっていくんじゃないかと考えています。

僕がイメージするSEO対策の未来は、こんな感じですね。

※ちなみに2020年以降SEO業界は厳しくなっていますが、それは必ずしも「なにをやっても検索順位が上がらなくなった」というわけではありません。僕は現在いろんな企業のサイトをSEO対策していますが、2020年以降も正しいSEO対策をすれば、ちゃんと検索順位は伸びます!

ただし、SEO対策の難易度が高くなっているので、それなりのSEO知識と経験がない人でないと太刀打ちできなくなっています。そのため、SEOコンサルティングを依頼する相手は慎重に選ぶことをおすすめします。

SEO的に見てサイトやブログの記事は量産した方がいいのか?

SEO対策はオワコン?LINE・メルマガでSEOの質問をいろいろ募ってみた(随時募集中)

こちらの質問は、特にブロガーさんやアフィリエイターさんが気になる内容ではないかと考えています。

結論から言うと「不必要に量産しなくていい」が答えになります。

ブログ初心者やアフィリエイト初心者の方は、右も左も分からない状態なので「どういう風に作業すれば、何となくこういう風になる」という感覚がまだ身についていません。

そこで、有料noteやSNS、有名人のアドバイスや情報商材のノウハウなどを参考に作業を進める人が多いです。

ちなみに僕も、パワーサイトアフィリエイトを始めた頃は師匠のやり方を参考にしていました。

ブログやアフィリエイトは、大枠のノウハウ(WebマーケティングのPDCAサイクル)は誰でも共通なので、大枠のノウハウは師匠から盗みつつ細かい箇所は全てオリジナリティを発揮し、結果月90万を稼ぎました。

大事なのは、大枠(WebマーケティングのPDCAサイクル)を見ながら細かい作業をすることです。

まだ右も左も分からない状態だと「なにを言ってるんだ?」と思うかもしれませんが、ブログやアフィリエイトは、SEO対策やSNS運用の仕組みを土台に収益化をしていくビジネスで、SEO対策やSNS運用はWebマーケティングの一種と言われています。

そのため、Webマーケティングの仕組みを意識しながら記事を書かないと記事を量産しても成果が出づらくなります。

ちなみに、たった数記事で月7桁を稼ぐ人もいます。

逆に数百記事書いても月1円も稼げない人もいます。

その差は何なのか?

それは「Webマーケティングの仕組みを意識しながら記事を書いてるかどうかの違い」です。

Webマーケティングの仕組みを意識している人は、1記事あたりの質がめちゃくちゃ高くなるので、記事数を量産しなくても大きな成果を出すことができます。

ただ何となく「記事を量産した方がいい」という情報に振り回されている人が書いた記事では、そのクオリティに太刀打ちできないのです。

質の高い記事を量産できる人は、常にWebマーケティングの仕組みを意識しています。

どういう風に作業すれば、何となくこういう風になる」というWebマーケティングの仕組みを意識しながら、1文字1文字を打つことができます。

もちろん、そういう人でさえ何度も何度も検証してやり直して、よりWebマーケティングの仕組みを最適化し記事を完成させていくわけですから。

ただ記事を量産するだけでは太刀打ちできるわけがないのです。

ちなみに「質の高い記事の条件は3つ」あります。

  1. 記事のテーマ(キーワード)が決まっている
  2. そのテーマ(キーワード)に必要なキーワードと共起語だけが網羅されている(ここで不必要なキーワードと共起語を詰め込むと記事の質が落ちます)
  3. ユーザー目線に立っている(ユーザーが気持ちよく記事を読み納得してくれる)

この3点を意識すれば、あなたの記事の質はグンと高くなります。

もしこの3点をまだ意識できていないのなら、まずはこの3点を意識して1記事完成させてみましょう。

その上で記事を量産すれば、いつか必ず成果が出始めるはずです。

「SEO対策はオワコン」「個人ブログはオワコン」という言葉をよく聞くのですが、実際はどうですか?

SEO対策はオワコン?LINE・メルマガでSEOの質問をいろいろ募ってみた(随時募集中)

最近「SEO対策はオワコン」「個人ブログはオワコン」という言葉をよく耳にするようになりましたよね。

何というか、Webマーケティング業界全体でSEO対策に対する諦めと不安が蔓延して、それがドンドン広がっていってる感覚がありますね。

確かに、ここ数年でGoogleのアップデートが頻繁に続き、せっかく作り込んだサイトの検索順位も落とされアクセスや売上が大幅に下がる人が急増しました。

他にも若年層の情報収集手段が、Google検索からSNS・YouTubeに変わりつつあり、その影響でGoogleの検索画面にリスティング広告やGoogleマップ、YouTubeなどの強調スニペットが自然検索より上に表示されるようになりました。(他にも音声検索が流行りつつありますよね)。

ただでさえ上位表示が厳しくなったのに、リスティング広告や強調スニペットに邪魔をされる今のSEO対策の構造。

SEO対策をやればやるほど、多くの壁が立ちはだかって諦めや不安が出てくるのは当然です。

ですが、それはあくまで、個人ブログやアフィリエイトサイト、そして『正しいSEO対策が施されていない中小企業、大企業のサイト』の話です。

『正しいSEO対策を施した中小企業、大企業のサイト』であれば、2020年以降も上位表示させることは十分可能です!

むしろ、SEO対策に対する諦めや不安が蔓延しSEO対策から撤退する人や新規参入者が減っている今だからこそ、正しいSEO対策をすれば上位表示するチャンスがあります!

ちなみに、若年層の情報収集手段がGoogle検索からSNS・YouTubeに変わりつつあっても、上位表示すれば相変わらずアクセスや売上は一気に跳ね上がります。

また自然検索より上に、リスティング広告や強調スニペットがあっても自然検索のクリック率は相変わらず高いので諦める要因にはなりません。

もちろん、実績と経験のあるSEOコンサルタントに依頼しないと検索順位が上がらないので、そこは要注意です。

以上を踏まえて、↓結論をまとめてみました。

  1. GoogleのアップデートやGoogle検索を使わない若年層の登場、リスティング広告や強調スニペットの影響で「SEO対策はオワコン」という諦めと不安が蔓延している
  2. SEO対策から徹底する人の増加、新規参加者の減少
  3. 一方で『正しいSEO対策が施された中小企業、大企業のサイトが今でも上位表示すること』を知らない人が多い
  4. だからこそ今のうちにSEO対策しておけば、中小企業や大企業はネット集客で有利な立場に立てる
  5. 【結論】中小企業や大企業はオワコンではない。むしろ、これからが大きなチャンス!

ちなみになぜ、個人のSEO対策はオワコンで中小企業、大企業はオワコンでないのか?

その理由に答えるには「E-A-T(専門性・権威性・信頼性)」という概念の説明が必要になるので、次回の質問で詳しく説明します。

かなり重要な内容になるので、必ず目を通してもらえたらなと思います。

ちなみに、次回の質問の回答に目を通していただけたら、個人ブログやアフィリエイトサイトでアクセスや売上を増やすヒントも得られます。

アクセスや売上を増やしたい個人の方も、是非、目を通してみてください。

SEO対策で重要視されているE-A-T(専門性・権威性・信頼性)を高くするにはどうすればいいのか?

SEO対策はオワコン?LINE・メルマガでSEOの質問をいろいろ募ってみた(随時募集中)

最近のSEO対策で重要視されている指標の1つに「E-A-T」という指標があります。

E-A-Tとは「専門性(Expertise)権威性(Authoritativeness)信頼性(Trustworthiness)」の頭文字を繋いだ略語で、文字通り「専門性・権威性・信頼性がSEO対策において重要だよ」ってことを示しています。

ネットの情報は、嘘偽りの情報や薄っぺらい情報、根拠のない情報など玉石混交です。

そんな中、もしGoogleの検索エンジンを使っているユーザーが悪質な情報で損失を被ってしまったら?

その情報を発信した人はもちろん、Googleの検索エンジンやGoogleの会社自体の評判が下がってしまいます。

会社を経営されてる方ならご存じだと思いますが、ビジネスを成功させるには「1人1人の顧客といかに長く継続的に信頼関係を築いていくか?」が重要になります。

Googleもそれは同じで、やはりGoogleの検索エンジンを使う1人1人のユーザーと長く継続的に信頼関係を築いていきたいと考えています。

それはもちろん、会社の利益を増やし維持するためでもありますが、1番はユーザーに気持ちよくGoogleの検索エンジンを使って欲しいからだと思います。

以上を踏まえて、最近のSEO対策では「情報発信者の専門性・権威性・信頼性」を見るようになりました。

じゃあ具体的にどうやって情報発信者の専門性・権威性・信頼性を見てるのか?」というと・・・

  1. サイト内に運営者情報がある
  2. 他社でなく自社商品を販売している
  3. SNSやYouTubeなどで影響力を持っている
  4. 個人名や会社名で指名検索される数が多い

Googleはこの4つの指標でサイトの専門性・権威性・信頼性を判断し、検索順位を決めているのではないかと思われます。

【Googleの気持ちとしてはこんな感じ】

専門性・権威性・信頼性のあるサイトは、運営者情報(情報発信者の身元情報)を公開し、その人が1番よく知る商品・サービス(ジャンル)について、情報発信しているに違いない。

よく知りもしない他社商品を販売(アフィリエイト)するために、間違った情報を発信するようなことはしないはずだ。

他にも専門性・権威性・信頼性があるサイトを運営している人は、SNSやYouTubeなど、他のプラットフォームでも知名度が高いはずだ。

だから個人名や会社名でGoogle検索される数や、SNSやYouTube経由などのアクセス流入も多いはずだ。

実際にSNSやYouTubeなどで影響力のある人のブログは、検索順位が伸びやすい傾向があります。

他にも企業サイトであれば、既に会社名で認知されていて既に会社名で指名検索されている企業サイトも多いので、検索順位が伸びやすい傾向があります。

個人サイトよりも企業サイトの方がSEO対策に強い理由はここにあります。

しかしながら、そのことを知っている企業は意外と少なく、知っていても正しいSEO対策がなされていないせいで検索順位が伸び悩んでいる企業サイトも多いです。

専門性・権威性・信頼性が重要視されている今だからこそ、特に企業サイトはSEO対策するべきですし、他の企業が目を付けていないうちにSEO対策しておけばネット集客で有利な立場に立つことが可能です。

※ただし今のSEO対策は難易度が高くなっているので、実績と経験のあるSEOコンサルタントに依頼し正しいSEO対策を施してもらわないと検索順位が上がりづらい傾向があります。

もちろん個人サイトを運営している人でも、SNSやYouTubeなどを使って指名検索数を増やしていけば、SEO対策で有利な立場に立つことは十分可能です。

ただどうしても、組織力や資金力のある企業のサイトの方が指名検索数が多くなるので、その点は不利かな~という感じです。

ちなみに、指名検索を増やす際はブログやSNS、YouTubeや営業などで必ず同じ指名検索キーワードを使ってください。

僕の場合「koucorp」「SEOコンサルタント」「田村洸典」←この辺りの指名検索キーワードを、どのプラットフォームでも意識して設定するようにしています。

タイトルとURLをコピーしました