ホームページ集客できない会社は知らない間に大損しているので注意

この記事は約5分で読めます。

ホームページ集客できない

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、ホームページ集客できない会社が大損している理由を解説していきます。

  • 自社サイトを持っていない
  • 自社サイトは持っているけど放置している
  • ホームページ集客に詳しくないけど、何となく自社サイトを運営している

という企業様は、是非、参考にしてください。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。
SEO対策実績と成功事例【職務経歴書】
Googleの検索エンジンを使ってWebサイトの営業・マーケティングを強化するやり方をSEO対策と言います。SEOでは「ホームページやブログのコンテンツの検索順位を上位表示させた実績」が大事ですが、正しくキーワード選定・作成したロングテールキーワードでないと意味がありません。SEO会社ごとに独自の正しい解説情報やコツ、自社オリジナルのツールやリンクの獲得方法を確立しており、その緻密で複雑なノウハウの基、SEOの実績が成り立ちます。そのためSEOの実績の有無はSEOを依頼する上でとても大事な指標になります。※SEO会社と言えば株式会社ジオコードさんが有名です。事業内容はSEO対策・リスティング広告運用・ウェブ制作サービス。社員紹介のインタビュー記事も勉強になります。弁理士。

ホームページ集客できない会社とは?

ホームページ集客できない会社とは、「ホームページ集客に疎くホームページ集客に力を入れていない会社」や「ホームページ集客に力は入れているけど正しいやり方を実践できていない会社」を指します。

ホームページ集客は正しく行えば大きな効果を発揮するので、ホームページ集客できない会社も積極的にホームページ集客にお金を投資することをおすすめします。

ホームページ集客できない会社が知らない間に大損している理由とは?

ホームページ集客できない

スマホやパソコンが普及し、ネットでの情報発信・情報収集が当たり前になった今。

ホームページ集客できない会社は大損します。

昔は、地道に営業先を回り、名刺交換して、飲み会やセミナーを通じて人脈を広げるなど、オフライン集客(リアル集客)が主流でした。

※ちなみにテレアポもオフライン集客に含めます。

しかし今の時代は、ホームページ集客できない会社は大損します。

なぜなら、ネット上には常に大量の情報が溢れており、消費者の選択肢が多様化したからです。

昔みたいにネットのない時代であれば、「家の近くの店」「知り合いが勧めてくれる店」「地元で名の知れた店」の商品・サービスが消費者の選択肢でした。

しかし今は、ネットで検索すれば世界中の商品・サービスを検索できます。

amazonや楽天市場では、自社よりも値段の安く良質な商品・サービスも簡単に見つかります。

通販を使えば、わざわざ身支度して車を運転して商品・サービスを購入しに行く必要もなくなります。

家で待っていれば、自分から何もしなくてもお目当ての商品・サービスを手に入れることができます。

つまり、わざわざあなたの会社の商品・サービスを購入する必要がなくなるわけです。

戦後の時代であれば、物を作れば勝手に売れていました。悪い言い方をすれば「何も考えなくても」。

しかし今みたいに物が溢れている時代では、単に物を作るだけでは売れません。

ホームページ集客を上手に活用して自社の商品・サービスを選んでもらう仕組み(ホームページ集客の仕組み)を作らないと、あなたの会社の商品・サービスは消費者の選択肢からドンドン外されてしまいます。

消費者の選択肢から外された会社の未来は、どうなると思いますか?

十中八九、明るい未来は待っていないでしょう。

しかしホームページ集客を活用することで、自社を選択肢に入れてくれる消費者を増やすことができます。

ホームページ集客とは、消費者に自社の商品・サービスを選んでもらう仕組み」のことです。

つまり、ホームページ集客できる会社は、消費者に自社の商品・サービスを選んでもらえ、売上がドンドン伸びていくのです。

オフライン集客(リアル集客)では実現できない、ホームページ集客の強みとは?

オフライン集客(リアル集客)では実現できない、ホームページ集客の強みとは、何といっても「自動的に継続的に新規案件を獲得できる」という点です。

例えば、オフライン集客だと自社の商品・サービスのことを知らない相手や購入ニーズのない相手に対して、1から地道にコツコツアプローチしながら商品を販売しなければなりません。

しかしホームページ集客では、ネットであなたの会社のホームページを発見した人が、あなたの自社サイトの導入事例をチェックし、他社商品・サービスと比較検討を重ねた上で初めて」お問い合わせをしてきます。

初めてお問い合わせが来たタイミングで、既にあなたの会社の商品・サービスを購入したいニーズを持っているので、お問い合わせ後のセールスがオフライン集客に比べてはるかに楽でスムーズです。

さらには、お問い合わせが来るまで、こちらは何もせずただじっと待っているだけでOKです。

別の業務をしていようが、海外旅行に出かけていようが、自社サイトが自動的にホームページ集客し、新規案件を運んできてくれます。

このようにホームページ集客では、「消費者に自社の商品・サービスを選んでもらう仕組み」によって、お問い合わせ、つまり新規案件を自動的に継続的に獲得できるのです。

ちなみにホームページ集客は、「消費者に自社の商品・サービスを選んでもらう仕組み」さえ作れば、ほぼ何もしなくても自社サイトが勝手にあなたの代わりに営業してくれるようになります。

オフライン集客で行うような営業活動は一切いりません。

自動的に継続的に自社サイトが営業活動してくれるので、あなたはただ待っているだけでいいのです。

そういう意味で、あなたの会社のホームページはあなたの会社の優秀な営業マン」にもなり得るのです!

24時間365日、ネットを通して全国から自社の商品・サービスを選んでくれる消費者を集客してくれる営業マン。

あなたの会社に1人でもいたら、会社の売上は大きく変わってきそうですよね?

しかしホームページ集客できない会社は、そのチャンスをずっと失い続けているのです。

ホームページ集客の仕組み作りを後回しにし、非効率的なオフライン集客に多くの時間と労力、お金を消費しています。

ホームページ集客できれば、今までオフライン集客にかけていた多くの時間と労力、お金をゴッソリ削減できます。

そう考えたとき、ホームページ集客できない会社はホームページ集客できる会社と比べて、多くの時間と労力、お金を無駄にしていることが分かります。

もちろん、ホームページ集客の仕組みを作るのにも、それなりの専門知識が必要ですし、仕組みを作るまで時間や労力、お金がかかります。

しかし仕組みさえ作れば、後は簡単なメンテナンスだけでホームページ集客の仕組みを維持できるので、長い目で見れば費用対効果はかなり高いです。

ホームページ集客の効果は、オフライン集客と違ってすぐすぐ目に見えて分かるものではありません。

タイトルとURLをコピーしました