All in One SEO Packの設定と使い方【実際の管理画面お見せします】

この記事は約4分で読めます。

田村洸典 koucorp

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、【2021年最新版All in One SEO Packの設定と使い方を実際の管理画面をお見せしながら解説します。

※この記事でご紹介するAll in One SEO Packの設定画面は当サイトとは別サイトの設定画面です。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。
SEO対策実績と成功事例【職務経歴書】
Googleの検索エンジンを使ってWebサイトの営業・マーケティングを強化するやり方をSEO対策と言います。SEOでは「ホームページやブログのコンテンツの検索順位を上位表示させた実績」が大事ですが、正しくキーワード選定・作成したロングテールキーワードでないと意味がありません。SEO会社ごとに独自の正しい解説情報やコツ、自社オリジナルのツールやリンクの獲得方法を確立しており、その緻密で複雑なノウハウの基、SEOの実績が成り立ちます。そのためSEOの実績の有無はSEOを依頼する上でとても大事な指標になります。※SEO会社と言えば株式会社ジオコードさんが有名です。事業内容はSEO対策・リスティング広告運用・ウェブ制作サービス。社員紹介のインタビュー記事も勉強になります。弁理士。

※最新バージョンに更新されて以前の設定画面が表示されなくなった時の対処法

YouTubeのコメント欄で「All in One SEO Packを使っていたが、最新バージョンに更新されてから『一般設定』にアクセスしても『All in One SEOにようこそ』『ライセンス』『ライセンスキーを入力』『プロ版にアップグレード』の文字が出てきて以前の一般設定画面にアクセスできなくなった」というご相談をいただきました。

対処法としては以下の通り。

  1. WP RollbackというプラグインでAll in One Packの仕様をバージョン 3.7.1にダウングレードする
  2. All in One Packの自動更新を無効にして勝手に更新されないようにする

All in One Packに使いづらさを感じる方は、別のSEOプラグインやSEO設定できるテンプレートを使用することをおすすめします。個人的にAll in One Packはかなり使いづらくなったな~という印象を受けております。

ここから先はバージョン 3.7.1の設定方法について解説しています。

All in One SEO Packの役割と効果とは?

All in One SEO Pack」は、WordpressのSEOプラグインの中で1番有名と言っても過言ではありません。

そんなAll in One SEO Packですが、いったいどんな役割と効果があるのでしょうか?

  1. 記事ごとにSEO設定できるようになる
  2. GoogleアナリティクスやGoogle search consoleを簡単に導入できる
  3. クロールの頻度やクロールさせるコンテンツの種類を設定できる
  4. XMLサイトマップを作成できる

記事ごとにSEO設定できるようになる

All in One SEO Packを導入すると、タイトルタグやDescription、メタタグやH1タグの設定が記事ごとにできるようになります。

SEO対策に特化していないテーマを使っていると、記事ごとにSEO設定できないことも多いです。

しかし、All in One SEO Packを導入すれば、記事ごとにSEO設定できるようになります。

GoogleアナリティクスやGoogle search consoleを簡単に導入できる

次にGoogleアナリティクスやGoogle search consoleといった、SEOの分析に欠かせない分析ツールの導入が簡単にできます。

All in One SEO Packの管理画面にGoogleアナリティクスやGoogle search consoleのコードを埋め込むだけで導入できるので、初心者の方でも簡単に分析ツールを導入できます。

本来であればWordpressのテーマ編集から<head>~</head>の領域を探して埋め込まないといけませんが、All in One SEO Packを使えばコードを埋め込むだけで簡単に導入できます。

クロールの頻度やクロールさせるコンテンツの種類を設定できる

Googleはクローラーと呼ばれるロボットを使って検索順位を決定しているのですが、All in One SEO Packを使えば、そのロボットのクロール頻度やクロールさせるコンテンツの種類を設定できます。

クローラーのクロール頻度やクロールさせるコンテンツの種類を設定することで低品質な記事や重複しているコンテンツをクロールされて、サイト全体の評価を下げられるリスク』を小さくできます。

自社サイトを運営する中で、低品質な記事や重複コンテンツが増えることはよくあります。

Googleのクローラーは、低品質な記事や重複コンテンツに悪い評価を与えるため、低品質な記事や重複コンテンツがクロールされないよう注意しなければなりません。

「低品質な記事のみ」「重複コンテンツのみ」評価を下げられるなら問題ありませんが、サイト全体の評価を下げられるので必ず対処しなければなりません。

せっかく有益な記事を作っても、低品質な記事や重複コンテンツが足を引っ張ってサイト全体の評価を下げてしまっては意味がありません。

そうならないよう、All in One SEO Packの設定でクロールの頻度やクロールさせるコンテンツの種類を限定します。

XMLサイトマップを作成できる

All in One SEO Pack の設定方法と使い方

All in One SEO Pack の設定方法と使い方

All in One SEO Pack の設定方法と使い方

All in One SEO Pack の設定方法と使い方

All in One SEO Packを導入するとXMLサイトマップも作成できます。

タイトルとURLをコピーしました