ブログの文字数はSEO的に3000文字以上がおすすめ!

この記事は約3分で読めます。

ブログの文字数のSEO

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

僕はSEO対策の専門家として、主に企業ホームページのSEO対策に携わっています。

この記事では、SEO初心者からの質問の中で特に多いSEOとブログの文字数(文章量)の関係についてお話していきたいと思います。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。
SEO対策実績と成功事例【職務経歴書】
Googleの検索エンジンを使ってWebサイトの営業・マーケティングを強化するやり方をSEO対策と言います。SEOでは「ホームページやブログのコンテンツの検索順位を上位表示させた実績」が大事ですが、正しくキーワード選定・作成したロングテールキーワードでないと意味がありません。SEO会社ごとに独自の正しい解説情報やコツ、自社オリジナルのツールやリンクの獲得方法を確立しており、その緻密で複雑なノウハウの基、SEOの実績が成り立ちます。そのためSEOの実績の有無はSEOを依頼する上でとても大事な指標になります。※SEO会社と言えば株式会社ジオコードさんが有名です。事業内容はSEO対策・リスティング広告運用・ウェブ制作サービス。社員紹介のインタビュー記事も勉強になります。弁理士。

SEOとブログの文字数(文章量)の関係とは?

SEOとブログの文字数(文章量)の関係とは、かなり密接な関係にあります。

とは言え、SEO的に何文字がベストなのかは決まっておらず、ブログを運営しているブログ運営者の各々の判断に委ねられているのが現状です。

SEOで上位表示させるために必要なブログの文字数は3000文字

ブログの文字数のSEO

SEO初心者の人からよく質問をいただく「ブログで必要な文字数」。

文字数はブログを運営する人にとって、大きな悩みの1つです。

しかし、文字数について言及しているブログほど「ブログで何文字書けばいいのか?」ハッキリと定義していないのが現状です。

なぜなら、SEOにおいて最適なブログの文字数を定義するのは不可能だからです。

ビッグキーワードのブログの文字数は気にしなくていい

ビッグキーワードはカテゴリーページに配置するのが基本です

カテゴリーページは、良質な記事をカテゴリー配下に配置すれば自然と上位表示するので、

カテゴリー配下で「ミドルキーワード」と「ロングテールキーワード」の良質な記事を量産すればOK。

※ちなみにトップページはあなたがブランディングしたい会社名や個人名、ブログ名を配置し、指名検索キーワードでの検索流入を増やしてE-A-T(専門性-権威性-信頼性)を向上⇒ブログ全体のSEO評価を上げ、検索順位を上げるのが基本です。

※指名検索キーワードと一緒にビッグキーワードをトップページで狙う方法もアリです。この辺りの塩梅はブログによって変わります。

しかしながら、ミドルキーワードやロングテールキーワードでは、いったい何文字書けばいいのでしょうか?

個人的な意見としては、「必要なキーワードと共起語が網羅されていたら何文字でもいい」「ユーザーさんが有益と感じ、SNSでも拡散してくれるブログの文字数なら何文字でもいい」というのが結論です。

が…敢えて言います。

3000文字以上書きましょう!

「文字数の多い長文SEOコンテンツだから」SEOに強いわけではない

SEOとブログの文字数の関係を気にする人の中には、「文字数の多い長文SEOコンテンツはSEOに強い」と思い込んでいる人が多いです。

確かに、いろんなキーワードで上位表示しているブログほど、長文SEOコンテンツが多いですよね。

しかし、「文字数の多い長文SEOコンテンツだから」SEOに強いわけではありません

タイトルとURLをコピーしました