インハウスSEOで内製化する9つの手順

この記事は約3分で読めます。

インハウスSEOで内製化

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、SEO対策をインハウスで内製化する9つの手順を紹介します。

SEO対策をインハウスで内製化したい企業様は、是非参考にしてください。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEO対策をインハウスで内製化するとは?

SEO対策をインハウスで内製化するとは、いったいどういうことを指すのでしょうか?

まず「インハウス」とは、外部のコンサルタントに頼らず自社内で業務をカバーすることを指します。

つまり、SEO対策をインハウスで内製化するとは外部のコンサルタントに頼らず自社内でSEO対策の業務を内製化することを指します。

外部に依頼すると、外注費がかかる上に自社内でノウハウを蓄積できないデメリットがあります。

その点、インハウスで内製化できれば、外注費をかけずにノウハウを蓄積することができます。

なぜSEO対策をインハウスで内製化した方がいいのか?

インハウスSEOで内製化

SEO対策をインハウスで内製化すると、自社内にSEOのノウハウが蓄積するというメリットがあります。

自社内にSEOのノウハウを蓄積することで、外部のSEOコンサルタントにお金を払うことなく、自社内でSEO対策の成果を出すことができます。

とは言え、自社内にSEOのノウハウがない場合、最初の3か月~半年間はSEOコンサルタントを雇うことをおすすめします。

さすがにSEOのノウハウが0の状態ではインハウス化は厳しいので。

まずはSEOコンサルタントの力を借りながら、自社内でSEO対策をインハウス化することをおすすめします。

SEOコンサルタントを雇う際は、なるべく早く自社内でインハウス化を実現しましょう。

最初の3か月~半年間はSEOコンサルタントがサポートしてくれるので問題ありませんが、契約が終了するのと同時にサポートも終了してしまいます。

SEO対策は自社サイトを運営し続ける限り、半永久的にSEO業務が発生するので、なるべく早く自立し、自社内でSEO対策できる状態を作ることが大事です。

SEO対策をインハウスで内製化する9つの手順とは?

以上を踏まえて、早速、SEO対策をインハウスで内製化する9つの手順をお話します。

  1. 3か月~半年間「SEOのノウハウを集中的に蓄積する期間」を設ける
  2. SEO対策する目的を決める
  3. 集客したいペルソナを決める
  4. キーワード選定する
  5. 記事作成する
  6. 3~5を繰り返す&アクセス数や検索順位を毎日チェックしながら改善点を見つける
  7. 作業をルーティン化する
  8. ルーティン化した作業をマニュアル化
  9. マニュアルの内容をブラッシュアップ

1つ1つ解説します。

3か月~半年間「SEOのノウハウを集中的に蓄積する期間」を設ける

まずは「SEOのノウハウを集中的に蓄積する期間」を設けてください。

SEO対策をインハウス化するには、最低3か月~半年間の猶予が必要です。

SEO業務に取り組む社員も決めましょう。

  • 自社の商品・サービスに詳しい
  • 導入事例やお客様の口コミなど、自社の実績に詳しい
  • マーケティングスキルや営業スキルがある

この3つの条件に当てはまる社員に任せるのがベストです。

もしいなければ、経営者自身がSEO業務に取り組むことをおすすめします。

SEO対策する目的を決める

「SEOのノウハウを集中的に蓄積する期間」を設けSEO業務に取り組む社員も決めたら、次に「SEO対策する目的」を決めます。

タイトルとURLをコピーしました