コロナ禍のホテルの集客アイデア「観光庁のガイドラインをパクれ」

この記事は約2分で読めます。

コロナ禍のホテル集客アイデア

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、

コロナ禍のホテルの集客アイデア「観光庁のガイドラインをパクれ」について詳しく解説していきます。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

コロナ禍のホテルの集客アイデアとは?

コロナ禍のホテルの集客アイデアとは

ホテルで運営しているサイトをSEO対策して、

お客さんを集客するアイデアのことを指します。

ホテルのサイトは、

デザイン性が高いサイトが多い反面、

SEO集客力が弱い傾向があります。

もしもホテルのサイトでSEO集客できれば、

他社メディアに手数料や広告費を支払うことなく、

お客さんを集客できます。

また、

ホテルのサイトを閲覧してくれるお客さんを増やすことで、

ホテルの魅力を余すことなくお客さんに伝えることができます。

新型コロナウイルスの影響で経営が厳しくなったホテルは、これからどうお客さんを集客すればいい?

新型コロナウイルスの影響で倒産するホテルのニュースを耳にするたびに、

僕のSEOスキルで何とかできないだろうか?と考えてしまいます。

SEOとは、

Googleの検索エンジンで上位表示させる施策のことを指し、

Googleの検索エンジンで上位表示しているホテルほど、

多くの見込み客に注目され、お客さんが増えます。

今の時代、

ネット上で検索されないホテルは「存在していない」のと同じです。

ネット上で検索されないホテルは、

ホームページに「お客さんが欲しい情報」が掲載されておらず、

「お客さんが欲しい情報」で検索されてもヒットしません。

「お客さんが欲しい情報」が掲載されていないホテルのホームページは、

お客さんに検索されることなく、

存在価値を失います。

ではお客さんは今どんな情報を欲しているのでしょうか?

まず「旅行したいのにできない人」は潜在的に多く存在します。

自粛ムードで思い切り旅行ができないご時世なので、

旅行できないストレスをため込んでいる人はかなり多いでしょう。

「旅行したいのにできない人」は、

新型コロナウイルスの感染を恐れています。

新型コロナウイルスに感染してしまうと、

メールでSEOの無料相談に乗ります

SEOコンサルタント田村洸典
koucorpではメールでSEOの無料相談に乗っておりますので、

SEOの相談をしたい企業の担当者の方がいらっしゃいましたら是非お問い合わせください。

    送信前にチェックしてください。


    ※3日以上経っても返事が来ない場合は、僕のTwitter(@koucorp)のDMまでご連絡ください。

    この記事を書いた人

    平成6年生まれ/山口県下松市在住/SEO歴8年/高校卒業後2013年3月に19歳で起業しTwitterビジネスを始める。20歳でTwitterのフォロワーを15万人集めアドセンスで月10万を達成。その後、SEOアフィリエイトを開始し21歳で月70万を達成。22歳の頃(2016年6月8日)に法人化し月90万円を達成。※今はアフィリエイトから撤退している元アフィリエイターです。2019年10月にSEOコンサルタントとしてSEOコンサルティング活動を開始。買取関連サイトのお問い合わせ数 前月比250%UP/BtoBサイトのお問い合わせ数 前年同月比300%UPなど、数々の実績を残している。

    田村 洸典をフォローする
    田村 洸典をフォローする
    SEOコンサルティングのプロ 田村洸典のブログ「koucorp」
    タイトルとURLをコピーしました