ブログの直帰率を下げる3つの手順

この記事は約3分で読めます。

ブログの直帰率を下げる

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、売上を増やしながら離脱率と直帰率を下げる3つの手順をご紹介します。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。
SEO対策実績と成功事例【職務経歴書】
Googleの検索エンジンを使ってWebサイトの営業・マーケティングを強化するやり方をSEO対策と言います。SEOでは「ホームページやブログのコンテンツの検索順位を上位表示させた実績」が大事ですが、正しくキーワード選定・作成したロングテールキーワードでないと意味がありません。SEO会社ごとに独自の正しい解説情報やコツ、自社オリジナルのツールやリンクの獲得方法を確立しており、その緻密で複雑なノウハウの基、SEOの実績が成り立ちます。そのためSEOの実績の有無はSEOを依頼する上でとても大事な指標になります。※SEO会社と言えば株式会社ジオコードさんが有名です。事業内容はSEO対策・リスティング広告運用・ウェブ制作サービス。社員紹介のインタビュー記事も勉強になります。弁理士。

直帰率とは?離脱率とは?

直帰率・離脱率とは、いったいどういうことを意味するのでしょうか?

「売上を増やしながら直帰率と離脱率を下げる3つの手順」を紹介する前に、まずは「直帰率」と「離脱率」の言葉の意味をおさらいしましょう。

  • 直帰率→ユーザーがサイトを訪問して「1番最初に閲覧したページ」で離脱した割合
  • 離脱率→ユーザーがサイトを訪問して「1番最後に閲覧したページ」で離脱した割合

まず直帰率は、1番最初に閲覧されたページの離脱率が基準となります。

離脱率は、閲覧されたページ数は関係なく、1番最後に見られたページの離脱率が基準となります。

1番最初に閲覧されたページの離脱数が多くなると直帰率が高くなり、2番目以降に閲覧されたページの離脱数が多くなると離脱率が高くなります。

直帰率を改善すると、2ページ目以降にアクセスしてくれるユーザーさんを増やすことができ、離脱率を改善すると、閲覧されるページ数をさらに増やすことができます。

そのため、直帰率と離脱率を両方改善すれば、閲覧されるページ数を爆発的に増やすことができます。

直帰率と離脱率を下げる4つのメリットとは?

直帰率と離脱率を下げることで、次の4つのメリットがあります。

  1. ユーザーさんとの接触機会を増やせる
  2. ブランディングや信頼構築のスピードが速くなる
  3. 自社の商品・サービスの購入率が高くなる
  4. リピート率が高くなる

直帰率と離脱率を下げると、ユーザーさんとの接触回数が爆発的に増えるので、「集客→教育→販売」の購入サイクルを大幅に短縮できます。

他にも閲覧されるページ数が爆発的に増えることで、自社サイトの回遊率が高くなり滞在時間が延びます。

回遊率が向上し滞在時間が延びるとSEO評価が上がり検索順位も上がりやすくなります。

検索順位が上がれば、さらなるアクセス流入を見込めるので、閲覧されるページ数がさらに増えます。

直帰率と離脱率は、ちょっとした工夫で下げられますが、その恩恵はかなりデカいです。

直帰率と離脱率の改善は自社サイトの売上を大きく左右する」と言っても過言ではありません。

余談ですが、直帰率と離脱率の改善に成功した例として、2ch(掲示板)、まとめサイト、NAVERまとめ、Wikipedia、SNSなどが挙げられます。

これらの媒体は、直帰率と離脱率が低いだけでなく、回遊率が高く滞在時間も長いです。

ブックマーク数やリピーター数もかなり多いので、1人あたりの顧客ロイヤリティもかなり高いです。

UGC(User Generated Contents)と呼ばれる、ユーザーさんが自動的にコンテンツを生成してくれる仕組みも成り立っています。

もしも自社サイトでこのような仕組みが完成すれば、自社の売上はかなり伸びるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました