ブログの直帰率を下げる3つの手順

この記事は約3分で読めます。

ブログの直帰率を下げる

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、

売上を増やしながら離脱率と直帰率を下げる3つの手順をご紹介します。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

直帰率とは?離脱率とは?

直帰率・離脱率とは

いったいどういうことを意味するのでしょうか?

「売上を増やしながら直帰率と離脱率を下げる3つの手順」を紹介する前に、

まずは「直帰率」と「離脱率」の言葉の意味をおさらいしましょう。

  • 直帰率→ユーザーがサイトを訪問して「1番最初に閲覧したページ」で離脱した割合
  • 離脱率→ユーザーがサイトを訪問して「1番最後に閲覧したページ」で離脱した割合

まず直帰率は、

1番最初に閲覧されたページの離脱率が基準となります。

離脱率は、

閲覧されたページ数は関係なく、

1番最後に見られたページの離脱率が基準となります。

1番最初に閲覧されたページの離脱数が多くなると直帰率が高くなり、

2番目以降に閲覧されたページの離脱数が多くなると離脱率が高くなります。

直帰率を改善すると、

2ページ目以降にアクセスしてくれるユーザーさんを増やすことができ、

離脱率を改善すると、

閲覧されるページ数をさらに増やすことができます。

そのため、

直帰率と離脱率を両方改善すれば、

閲覧されるページ数を爆発的に増やすことができます。

直帰率と離脱率を下げる4つのメリットとは?

直帰率と離脱率を下げることで、

次の4つのメリットがあります。

  1. ユーザーさんとの接触機会を増やせる
  2. ブランディングや信頼構築のスピードが速くなる
  3. 自社の商品・サービスの購入率が高くなる
  4. リピート率が高くなる

直帰率と離脱率を下げると、

ユーザーさんとの接触回数が爆発的に増えるので、

「集客→教育→販売」の購入サイクルを大幅に短縮できます。

他にも閲覧されるページ数が爆発的に増えることで、

自社サイトの回遊率が高くなり滞在時間が延びます。

回遊率が向上し滞在時間が延びるとSEO評価が上がり検索順位も上がりやすくなります。

検索順位が上がれば、さらなるアクセス流入を見込めるので、

閲覧されるページ数がさらに増えます。

直帰率と離脱率は、

ちょっとした工夫で下げられますが、

その恩恵はかなりデカいです。

直帰率と離脱率の改善は自社サイトの売上を大きく左右する」と言っても過言ではありません。

余談ですが、

直帰率と離脱率の改善に成功した例として、

2ch(掲示板)、まとめサイト、NAVERまとめ、Wikipedia、SNSなどが挙げられます。

これらの媒体は、

メールでSEOの無料相談に乗ります

SEOコンサルタント田村洸典
koucorpではメールでSEOの無料相談に乗っておりますので、

SEOの相談をしたい企業の担当者の方がいらっしゃいましたら是非お問い合わせください。

    送信前にチェックしてください。


    ※3日以上経っても返事が来ない場合は、僕のTwitter(@koucorp)のDMまでご連絡ください。

    この記事を書いた人

    平成6年生まれ/山口県下松市在住/SEO歴8年/高校卒業後2013年3月に19歳で起業しTwitterビジネスを始める。20歳でTwitterのフォロワーを15万人集めアドセンスで月10万を達成。その後、SEOアフィリエイトを開始し21歳で月70万を達成。22歳の頃(2016年6月8日)に法人化し月90万円を達成。※今はアフィリエイトから撤退している元アフィリエイターです。2019年10月にSEOコンサルタントとしてSEOコンサルティング活動を開始。買取関連サイトのお問い合わせ数 前月比250%UP/BtoBサイトのお問い合わせ数 前年同月比300%UPなど、数々の実績を残している。

    田村 洸典をフォローする
    田村 洸典をフォローする
    SEOコンサルティングのプロ 田村洸典のブログ「koucorp」
    タイトルとURLをコピーしました