Googleアップデートから自社サイトを守る5つの法則

Googleアップデートから自社サイトを守る5つの法則

初めまして!

香川県高松市在住のSEOコンサルタントこう・地域集客コンサルタントこう(@koucorp)と申します。

この記事では、

Googleアップデートから自社サイトを守る5つの法則を紹介します。

※この記事は僕の経験則に基づく根拠を示しているものであり、100%の正解ではないので、あらかじめご了承ください。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

Googleアップデートの種類とは?過去に行われたGoogleアップデートの一覧

Googleアップデートから自社サイトを守る5つの法則

Googleアップデートから自社サイトを守る5つの法則を紹介する前に、

まずは「Googleアップデートの種類」をおさらいしましょう。

2000年9月に検索エンジンのサービスが始まって以来、

さまざまなGoogleアップデートと、

新たなルールが施行されてきました。

もし、各アルゴリズムの評価基準を満たせていないなと思ったら、

早急に修正しましょう。

ベニスアップデート【2014年12月15日】

ベニスアップデートとは

ユーザーが検索した場所に応じて検索結果を表示するアルゴリズムのことを指します。

パンダアップデート4.2【2015年7月24日】

パンダアップデート4.2とは

オリジナリティのない低品質なコンテンツの評価を下げるアルゴリズムのことを指します。

ペンギンアップデート4.0【2016年9月23日】

ペンギンアップデート4.0とは

リンクやスパム的な手法で上位表示を狙うサイトを取り締まるアルゴリズムのことを指します。

Rank Brain【2015年初旬】

Rank Brainとは

人工知能を使ったアルゴリズムのことを指します。

「SEO対策の方法を教えて」みたいな口語的な検索にも対応できるようになりました。

クオリティアップデート【2015年5月7日】

クオリティアップデートとは

パンダアップデートと同様、

オリジナリティのない低品質なコンテンツの評価を下げるアルゴリズムのことを指します。

パンダアップデートがページ単位に適用されるのに対し、

クオリティアップデートはサイト全体に適用されます。

モバイルフレンドリーアップデート【2015年4月21日・2016年5月12日】

モバイルフレンドリーアップデートとは

スマホ対応していないサイトの評価を下げるアルゴリズムのことを指します。

インタースティシャルアップデート【2015年11月1日・2017年1月10日】

インタースティシャルアップデートとは

サイトにアクセスした際に画面いっぱいの広告が表示されるなど、

すぐにコンテンツを見れないサイトの評価を下げるアルゴリズムのことを指します。

日本語検索アップデート【2017年2月3日】

日本語検索アップデートとは

日本にのみ適用された異例のアルゴリズムのことです。

主に医療系の記事だけが評価対象でしたが、

同年12月の健康アップデートで、

YMYL(Your Money or Your Life)と呼ばれる、

人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページの評価基準も厳しくなりました。

健康アップデート【2017年12月6日】

健康アップデートとは

日本語検索アップデートの進化版で、

YMYL(Your Money or Your Life)系のコンテンツの評価基準がさらに厳しくなりました。

と、同時にアフィリエイトサイトの規制も厳しくなりました。

僕も含めSEOアフィリエイトで稼いでいる個人はかなり減りました。

コアアルゴリズムアップデート【2018年3月~】

コアアルゴリズムアップデートとは

Googleから詳細が明かされていないアップデートで、

より良いコンテンツ更新し続けることが唯一の対処法と言われています。

特にE-A-T(Expertise-Authoritativeness-TrustWorthiness:専門性-権威性-信頼性)の高いコンテンツを作り続けることが重要と言われています。

※2018年に発動されたコアアルゴリズムアップデート【3月上旬、4月16日、8月1日】

※2019年に発動されたコアアルゴリズムアップデート【3月12日、6月4日、9月24日】

※2020年に発動されたコアアルゴリズムアップデート【1月14日、5月5日、9月16日】(2020年8月11日の大変動はGoogle検索の不具合)

スピードアップデート【2018年7月~】

スピードアップデートとは

サイト表示速度の遅いページの評価を下げるアルゴリズムのことを指します。

僕の見る限り、

サイト表示速度が遅いサイトは検索順位が伸び悩んでいますね。

AMP化の技術も開発され始めた時期です。

BERT(バート)アップデート【2019年10月25日】

BERT(バート)アップデートとは

自然言語処理技術(NLP:Natural Language Processing)の一種で、

Bidirectional Encoder Representations from Transformersの頭文字が由来のアップデートです。

より人間の感情を理解し始めたAIが、

キーワードごとの検索意図を読み解くことができるようになったと言われています。

検索意図に沿ったコンテンツを作ることが重要になりました。

その他、Googleアップデート

  • 2010年6月:カフェイン導入(インデックスのスピードをさらに早めるシステムを導入)
  • 2011年12月:フレッシュネスアップデート(タイムリーなコンテンツを上位表示させるアップデート)
  • 2012年4月:ペンギンアップデート(スパム行為をしているサイトの検索順位を下げるアップデート)
  • 2012年7月:パンダアップデート(質の低いコンテンツの検索順位を下げ、高品質なコンテンツが上位表示するようになった)
  • 2014年4月:Search Plus Your World(パーソナライズ検索と呼ばれる、ユーザーの過去の検索履歴や行動パターンを基に検索結果が最適化されるシステム。過去に見たサイトが自分のデバイスでは上位表示してしまう現象の原因。Google+のアクティビティも検索結果に用いられた)
  • 2014年5月:ペイデイローンアップデート(スパムの多いキーワードでスパム行為をしているサイトを排除するアップデート)
  • 2014年10月:パイレーツアップデート(DMCA侵害(デジタルミレニアム著作権法の侵害)の申し立ての受理件数が多いサイトの検索順位を下げるアップデート)
  • 2015年4月:ドアウェイアップデート(同じ内容のコンテンツなのに地域名だけが違うドアウェイページと呼ばれるページの検索順位を下げるアップデート)

Googleアップデートの影響で上位表示する自社サイトもある

Googleアップデートと聞くと、

検索順位を下げられるイメージを持っている企業様も多いでしょう。

しかし、検索順位を下げられる自社サイトがある一方で、

検索順位が上がる自社サイトもあります。

Googleアップデートで上位表示する自社サイトは、

Googleアップデートから自社サイトを守る方法を心得ています。

Googleアップデートから自社サイトを守る方法を遵守しながら、

日々自社サイトを運営しています。

その結果、Googleアップデートの影響で上位表示するのです。

逆にGoogleアップデートから自社サイトを守る方法を知らずに自社サイトを運営すると、

次のページへ >

  • この記事を書いた人

SEOコンサルタントこう・地域集客コンサルタントこう

平成6年生まれ/山口県出身/高校卒業後2013年3月に19歳で起業しTwitterビジネスを始める。20歳でTwitterのフォロワーを15万人集めアドセンスで 月10万を達成。その後、パワーサイトアフィリエイト(ネット販売)を開始し21歳で月70万を達成。22歳の頃(2016年6月8日)に法人化し月90万円を達成。※今はアフィリエイトから撤退している元アフィリエイターです。2019年10月にSEOコンサルタントとして活動を開始。買取関連サ イトのお問い合わせ数前月比250%UP/BtoBサイトのお問い合わせ数前年比300%UPなど、数々の実績を残している。

投稿日:2020-09-12 更新日:

Copyright© SEOコンサルタントこうのブログ「koucorp」|香川県高松市在住のSEO対策のプロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.