コンテンツマーケティングとSEO対策の違いをプロが解説

この記事は約2分で読めます。

田村洸典 koucorp

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、コンテンツマーケティングとSEO対策の違いについてお話したいと思います。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。
SEO対策実績と成功事例【職務経歴書】
Googleの検索エンジンを使ってWebサイトの営業・マーケティングを強化するやり方をSEO対策と言います。SEOでは「ホームページやブログのコンテンツの検索順位を上位表示させた実績」が大事ですが、正しくキーワード選定・作成したロングテールキーワードでないと意味がありません。SEO会社ごとに独自の正しい解説情報やコツ、自社オリジナルのツールやリンクの獲得方法を確立しており、その緻密で複雑なノウハウの基、SEOの実績が成り立ちます。そのためSEOの実績の有無はSEOを依頼する上でとても大事な指標になります。※SEO会社と言えば株式会社ジオコードさんが有名です。事業内容はSEO対策・リスティング広告運用・ウェブ制作サービス。社員紹介のインタビュー記事も勉強になります。弁理士。

コンテンツマーケティングとSEO対策の違いとは?

コンテンツマーケティングとSEO対策の違い

コンテンツマーケティングとSEO対策はどちらも似通っていますが、コンテンツマーケティングとSEO対策の違いとは、いったいなんなのでしょうか?

まずコンテンツマーケティングとは、「集客→教育→販売」の仕組みそのものを指します。

自社サイト内でコンテンツマーケティングの仕組みを作ることで「集客→教育→販売」の仕組みを、ほぼ自動的に回せるようになります。

SEO対策は、その中の「集客手段の1つ」になります。

コンテンツマーケティングというカテゴリーの中に、SEO対策が内包されているイメージです。

SEO歴8年の僕の感覚ですが、最近のSEOはかなりコンテンツマーケティングのスキルを要求されます。

  • SEOを意識したSNS運用
  • SEOを意識した広告運用
  • SEOを意識したメルマガ配信
  • SEOを意識したライティング
  • SEOを意識したデザインやプログラミングなど

SEOを積極的に他のスキルに応用していかないと、SEOの施策の幅が狭くなると言いますか、施策が頭打ちして成果が思うように出ない印象がありますね。

昔はテクニカルなSEOだけで簡単に上位表示していたので、狭い範囲内での施策で十分な集客効果を生めました。

SEO集客に依存するだけで売上を増やせていたので、ある意味簡単だったんですよね。

しかし今はコンテンツマーケティングの仕組みを意識しながらSEO対策しないと、「売上を増やす」という目標にすら辿り着けません。

売上を増やすまでの道のりがかなり遠くなったので、スタミナがない人は簡単に心が折れてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました