リスティング広告費用を削減できる3つのポイントと2つの調査方法

この記事は約2分で読めます。

リスティング広告費用を削減

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、リスティング広告やSNS広告の広告費用を削減する3つのポイントと2つの調査方法を紹介しています。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。
SEO対策実績と成功事例【職務経歴書】
Googleの検索エンジンを使ってWebサイトの営業・マーケティングを強化するやり方をSEO対策と言います。SEOでは「ホームページやブログのコンテンツの検索順位を上位表示させた実績」が大事ですが、正しくキーワード選定・作成したロングテールキーワードでないと意味がありません。SEO会社ごとに独自の正しい解説情報やコツ、自社オリジナルのツールやリンクの獲得方法を確立しており、その緻密で複雑なノウハウの基、SEOの実績が成り立ちます。そのためSEOの実績の有無はSEOを依頼する上でとても大事な指標になります。※SEO会社と言えば株式会社ジオコードさんが有名です。事業内容はSEO対策・リスティング広告運用・ウェブ制作サービス。社員紹介のインタビュー記事も勉強になります。弁理士。

リスティング広告費用の削減とは?

リスティング広告費用の削減とは、コンバージョンに繋がらないリスティング広告費用を削減することを指します。

今の時代、自社の商品・サービスの売上を伸ばすにはリスティング広告費用の捻出が欠かせませんが、ただ闇雲にリスティング広告費用をかけても広告費が無駄になるだけです。

できるだけ自社の商品・サービスに関心のあるターゲット層に向けて、リスティング広告費用を捻出する必要があります。

そうすることで、コンバージョンに繋がらないリスティング広告費用を削減でき、自社の商品・サービスに関心のあるターゲット層にのみリスティング広告費用を捻出できるようになります。

無駄なリスティング広告費用を削減しつつ、コンバージョンに繋がるリスティング広告費用を捻出できるので、結果的に売上を伸ばすことが可能になります。

広告配信前にあらかじめリスティング広告費用を削減できる3つのポイントとは?

リスティング広告費用を削減

リスティング広告費用を削減するのは、広告を配信する前でも可能です。

その際に、リスティング広告費用の削減に欠かせない3つのポイントを紹介します。

ビューアビリティを高くする

ビューアビリティとは、ユーザーさんに広告を見られる時間の比率のことを指します。

ビューアビリティを高くすればするほど、ユーザーさんに広告を長く見てもらえるようになります。

広告を出しても、ユーザーさんに広告を長く見てもらわなければ、貴社の魅力をお客様に認知してもらえません。

そこで「実際に貴社の商品・サービスを購入したことのあるお客様」や、「貴社の商品・サービスを購入しそうなお客様」の、性別、年齢、趣味趣向などをリサーチし、その条件に当てはまるターゲットに向けて広告を配信することでリスティング広告費用を削減できます。

実際に貴社の商品・サービスに興味があるお客様の特徴に当てはまる人に絞って広告を配信することで、より貴社の商品・サービスに興味のあるお客様に広告を表示させることができます。

タイトルとURLをコピーしました