コンテンツマーケティングで上位表示させるにはSEO対策が重要!

この記事は約3分で読めます。

田村洸典 koucorp

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、コンテンツマーケティングで上位表示させる7つの施策を紹介します。

※この記事で紹介している「コンテンツマーケティングを上位表示させる7つの施策」は、あくまで個人的な経験に基づく見解のため、100%の効果は保証しておりません。

※昔であればテクニカルなSEOで十分に上位表示していましたが、今はテクニカルなSEOだけでは上位表示しません。そのためユーザーさんの目線に立った有益なコンテンツを増やすことを最優先しましょう。テクニカルなSEOはあくまで補完的な施策に過ぎません。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。
SEO対策実績と成功事例【職務経歴書】
Googleの検索エンジンを使ってWebサイトの営業・マーケティングを強化するやり方をSEO対策と言います。SEOでは「ホームページやブログのコンテンツの検索順位を上位表示させた実績」が大事ですが、正しくキーワード選定・作成したロングテールキーワードでないと意味がありません。SEO会社ごとに独自の正しい解説情報やコツ、自社オリジナルのツールやリンクの獲得方法を確立しており、その緻密で複雑なノウハウの基、SEOの実績が成り立ちます。そのためSEOの実績の有無はSEOを依頼する上でとても大事な指標になります。※SEO会社と言えば株式会社ジオコードさんが有名です。事業内容はSEO対策・リスティング広告運用・ウェブ制作サービス。社員紹介のインタビュー記事も勉強になります。弁理士。

コンテンツマーケティングで上位表示させる7つの施策とは?

コンテンツマーケティングで上位表示させる施策

コンテンツマーケティングで上位表示させる7つの施策とは、次の7つの施策のことを指します。

  1. titleタグ・H1タグ・altタグにキーワードを含める
  2. descriptionにキーワードと共起語を含める
  3. 低品質な記事を削除or noindexする
  4. 不要なウィジェットやコメント欄を非表示にする
  5. 余分な内部リンクを減らす
  6. 「リンク先の記事で上位表示させたいキーワード」をリンクテキストに含める
  7. 有益な発リンクにはnofollowをつけない

1つ1つ解説します。

titleタグ・H1タグ・altタグにキーワードを含める

コンテンツマーケティングで上位表示させる施策として、「titleタグやH1タグ、altタグにキーワードを含める」という施策は有名です。

titleタグやH1タグ、altタグにキーワードを含めることで、そのキーワードに関心がある人をピンポイントで集客できます。

titleタグやH1タグ、altタグにキーワードを含めることで、ユーザーさんは「自分に関係あるかも」と思って記事をクリックしてくれます。

ちなみに「キーワードを含めるときは、左寄せで含めましょう」とよく言われますが、あれはGoogleの検索結果でユーザーさんの関心を惹きつけるために行います。

Googleの検索結果は左から右に読んでいきますから。

左にキーワードを配置することで、ユーザーさんが求めている答えを1番最初に目にしてもらえます。

ユーザーさんは自分の悩みや願望を解決するためにキーワードを使って検索してくるので。

キーワードを左に配置すれば、自分の悩みや願望の解決策に繋がる答えを思わず期待してしまうのです。

ちなみにH1タグはtitleタグと混同されがちですが・・・

  • titleタグ=Googleの検索結果に表示させるタイトル
  • H1タグ=記事に表示させるタイトル

という明確な違いがあります。

descriptionにキーワードと共起語を含める

descriptionはGoogleの検索結果のスニペットに表示される説明文のことです。

Googleは「descriptionに効果はない」と断言しておりますが、僕の経験上、最適なdescriptionを設定して検索順位がグンと伸びた経験があるので設定する価値は十分あると考えています。

Googleで検索した際に、descriptionの箇所が検索に引っかかって太文字になっている現象をよく目にします。

あれはdescriptionがコンテンツマーケティングの上位表示に欠かせない施策であることを示唆しています。

タイトルとURLをコピーしました