koucorp

koucorpでは企業向けSEOコンサルティングをしている株式会社洸 代表取締役の企業向けSEOコンサルタントこうのSEO対策方法を発信しています。法人5期目

売上を伸ばすキーワードマッピングの流れを事例付きで解説

キーワードマッピング

初めまして!

株式会社洸 代表取締役の企業向けSEOコンサルタントこう(@koucorp)と言います。

この記事では、

売上を伸ばすキーワードマッピングの流れを解説しています!

※この記事では育毛剤会社を事例にキーワードマッピングの流れを解説しています。

キーワードマッピングとは?

キーワードマッピング

キーワードマッピングとは、

サイトを設計する際に、

どのキーワードをサイト内のどの場所に配置するか?設計することを指します。

最近のSEOでは、

関連性のある記事同士をカテゴリーで区切り、

かつ、重複が発生しないよう注意しないと検索順位が伸び悩みます。

例えば、雑記ブログなんかは、

幅広いジャンルの記事を同時に扱うため、

新着記事一覧やカテゴリーページ、

タグページなどで関連性のない記事同士が固まり、

サイト全体の評価が下がることがあります。

そのため、

サイトを運営する際は、

常にサイト全体の構造を把握しながらキーワードマッピングしないと、

記事作成すればするほど検索順位が伸び悩んでしまいます。

キーワードマッピングしないリスク

  1. リライト作業や追加の作業が発生するリスク
  2. カテゴリーの変更やサイト構成の変更によりURLが変わるリスク
  3. サイト構造が急に変わり、検索順位やアクセス、売上が落ちるリスク
  4. 検索順位が伸び悩む原因が特定しづらくなり、精神的に追い込まれるリスク
  5. 頑張れば頑張るほど結果が下がるリスク

キーワードマッピングをしないと、

以上の5つのリスクを被ることになります。

ちなみに僕もSEO初心者の頃は、

サイト構造を意識せず(意識できず)

とにかく目先の作業に没頭していました。

しかし債務整理というジャンル特化型のサイトを運営していたので、

関連性のズレや重複の発生を抑えられたのが幸いでした。

結果的に月90万円を稼ぐことができました。

しかしその後、

ジャンル特化型のサイトを運営している人でも、

キーワードマッピングをしないと検索順位が伸び悩むようになりました。

当時の僕はサイト構造やキーワードマッピングの知見がなかったため、

落ちていく売上に対処できず、

最終的にサイト自体は売却することになりました。

キーワードマッピングは、

後手に回れば回るほどリスクが大きくなります。

※もし現時点でキーワードマッピングを意識していないサイトを運営していたとしても、リスクを最小限に抑えながらサイト構造や重複の解消をすることも十分可能です。ただし、修正には専門的なSEOの知識・経験が必要なので、SEOコンサルタントにSEOコンサルティングしてもらうのも1つの手です。

⇒SEOコンサルティングの依頼|SEO対策の費用は月10万円から

キーワードマッピングするメリット

  1. 無駄な作業を削減できる
  2. 時間をかければかけるほどサイトの資産価値が上がるようになる
  3. 大幅な修正作業が発生しないので、検索順位やアクセス、売上のグラつきを最小限に抑えられる
  4. 検索順位が落ちた原因を発見しやすく、早期回復を図れる
  5. 頑張れば頑張るほど結果が積み重なる

一言で言えば、

無駄がなくなる

これがキーワードマッピングするメリットです。

無駄な時間、労力、お金、精神的ストレスは、

費用対効果を大きく下げます。

SEOはたった1つの判断ミスで、

何度も遠回りを強いられるリスクがあります。

SEOは最低3か月~半年後に結果が見え始めると言いますが、

それはあくまでキーワードマッピングを意識した上で、

3か月~半年の時間をかけた場合の話です。

キーワードマッピングを意識しなければ、

いくら時間や労力、お金や精神的ストレスをかけたって、

結果は思うようには出ません。

しかし、キーワードマッピングをしておけば、

後々何か修正点が見つかったとしても、

いくらでもやり直しが利きます。

失敗ややり直しのリスクを減らせるのも、

キーワードマッピングのメリットです。

売上を伸ばすキーワードマッピングの流れを育毛剤会社を事例に解説

キーワードマッピングの必要性をお伝えしたところで、

次に「売上を伸ばすキーワードマッピングの流れ」を解説します。

せっかくキーワードマッピングするなら、

3ヶ月~半年後に売上に結び付くキーワードマッピングをしたいですよね?

この記事では、

売上を伸ばすことを目的にしたキーワードマッピングの流れを、

育毛剤会社を事例に解説したいと思います。

※キーワードマッピングする際に「キーワードマッピングツール」を使うと、より正確に分かりやすくキーワードマッピングできます。特に記事数の多いサイトを作る際は、キーワードマッピングツールで可視化しながらキーワードマッピングすることをおすすめします。

①売れている育毛剤会社のLPや公式サイトを見つける

キーワードマッピング

キーワードマッピングする際は、

まずは貴社で扱っている商品・サービスの業界で、

売上を伸ばしている会社を見つけ、

その会社が販売している商品・サービスのLPや公式サイトを見つけます。

今回は株式会社ソーシャルテックさんが販売している、

「チャップアップ」という育毛剤のLPを題材にします。

※「チャップアップのLP」を見ながら解説を読むと、キーワードマッピングの理解がより深まります。

②キーワードを発掘する

例えば育毛剤であれば、

「育毛剤」というキーワードと、

LPや公式サイト内に散らばってるキーワードをくっつけて、

キーワードを発掘します。

生命保険屋であれば「生命保険」

債務整理手続きを行っている弁護士事務所であれば「債務整理」

広告代理店であれば「リスティング」「広告」「広報」

カフェであれば「カフェ」など、

もっとも影響力の強い単ワードと、

LPや公式サイト内に散らばっているキーワードをくっつけます。

売上トップ
Web
ナンバーワン
1位
新聞
満足度
男性向け
使用感
スタート
頭皮の血流
リニューアル
シンゲルシックス
効果
配合成分
有効成分
サポート成分
M-034
高速浸透
2020年
男性育毛剤
販売会社
サポート
コールセンター
高品質
化粧品
金賞
認定育毛剤
20代
30代
40代
50代
70代
薄毛
発毛促進
薄毛予防
スカルプケア
1日
1分
簡単
ケア
使用方法
効能


洗髪後
ドライヤー
頭皮全体
塗布
使用量
頭皮マッサージ
医師
医者
育毛マッサージ
全額返金
全額返金保証
定期便
初回購入
定期購入
無期限
都度購入
30日間
2回目以降
返金対象外
キャンセル料
返金手数料
amazon pay
ラクラク決済
割引
解約
送料無料
サプリメント
お買い得
商品
初めて
注文
ローション
単品
食生活
栄養
独自配合
ノコギリヤシ
亜鉛
フィーバーフュー
ナツシロギク
厳選
栄養機能食品
副作用
進化
1本
クレジット
セット

↑こちらは、

チャップアップのLPの半分から発掘したキーワードになります。

LPの半分までで、

なんと91個のキーワードが見つかりました。

次に、

これらのキーワードを「育毛剤」という単ワードとくっつけて、

月間検索数を調べます。

月間検索数は「Googleキーワードプランナー」で調べましょう。

キーワードマッピング

なんと91個中8個のみ、

月間検索数がありました。

その中の5個は、

月間検索数が少なすぎて、

記事化しようか迷うレベル…

もし僕が育毛剤のサイトを運営するなら、

育毛剤 20代
育毛剤 定期購入
育毛剤 サプリメント
育毛剤 初めて
育毛剤 効能

この5つのキーワードは、

適当な記事のH2タグに含めますね。

1記事まるまる記事を作る必要はありません。

育毛剤 効果
育毛剤 副作用
育毛剤 薄毛

残り3つのキーワードは、

まるまる1記事使ってコンテンツを作った方がいいので、

キーワードマッピングのマッピング材料にします。

※探せば他にももっと見つかりますが、この記事では割愛させていただきます。

③キーワードマッピングする

材料が揃ったら、

いよいよキーワードマッピングです。

トップページは会社名や個人名、ブログ名など、

指名検索キーワードを配置した方がサイト全体の検索順位が上がりやすくなるので、

会社名や個人名、ブログ名など指名検索キーワードを配置しましょう。

一昔前は、

ビッグキーワードをトップページに配置するやり方が主流でしたが、

アフィリエイトサイトのように、

ビッグキーワードをトップページに配置する形式のサイトの評価をGoogleが下げるようになったため、

会社名や個人名、ブログ名をトップに配置している専門性・権威性・信頼性の高いサイトが、

上位表示しやすくなりました。

詳しくは別記事で解説しています↓

SEOで重要視されているE-A-T(専門性・権威性・信頼性)を高くするにはどうすればいいのか?

個人ブログで企業サイトや有名サイトより上位表示するには、どうすればいいですか?

今回は事例として「株式会社洸」という会社名をトップページに配置します。

残りのキーワードは、

カテゴリーページまたは個別ページに配置します。

カテゴリーページには「育毛剤」というキーワードを配置します。

その配下に、

先ほど発掘した3つのキーワードをマッピングし、

記事作成します。

もし育毛剤以外にも

育毛シャンプーや育毛マッサージを販売するなら、

「育毛シャンプー」のカテゴリーに、

「育毛シャンプー 〇〇」のキーワードで個別ページを作り、

「育毛マッサージ」のカテゴリーに、

「育毛マッサージ 〇〇」のキーワードで個別ページを作ります。

同じ育毛系でも、

シャンプーやマッサージなどにカテゴリーを分けることで、

関連性のある記事同士を固めながら、

重複を防げます。

関連性のある記事同士を固めた重複のないサイトは、

検索順位が伸びやすく、

アクセスや売上も伸びやすくなります。

是非、参考にしてください(^^ゞ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

SEO初心者必見「正しいSEO対策方法」をSEO歴7年のプロがたった1記事で解説してみた(随時更新中)

SEOと文字数の関係!ブログで上位表示させたいなら3000文字以上書こう

売上を伸ばすキーワードマッピングの流れを事例付きで解説

SEOとは?SEOの質問をLINE・メルマガで募ってみた(随時更新)

≪2020年最新版≫自社サイトSEOセルフチェック診断表を無料プレゼント!

自社サイトSEOセルフチェック診断表を無料プレゼント!

■自社サイトの検索順位が上がらない

■Googleのアルゴリズムの変動でアクセスや売上が落ちてしまった


そんなお悩みを抱えているSEO担当者へ!


SEO歴7年のプロのノウハウを厳選して詰め込んだ


≪2020年最新版≫自社サイトSEOセルフチェック診断表を無料プレゼント♪


>詳細はこちら

  • この記事を書いた人

企業向けSEOコンサルタントこう

株式会社洸 代表取締役/法人5期目/SEO歴7年/アフィリエイトで月90万円稼いだことのある元アフィリエイター/SEO対策を含めSEOを応用した広告運用やSNS運用で費用対効果の高いコンテンツマーケティングの仕組みを実現/自社サイトの費用対効果を高くし会社の売上を伸ばしたい企業様向けにSEOコンサルティングをしています。

更新日:

Copyright© koucorp , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.