SEO対策は効果ない?いつまでもSEOの効果を実感できない3つの原因

この記事は約3分で読めます。

SEO対策の効果

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では「SEOに効果はないんだ」と諦めかけている方へ、

SEOの効果を実感できない3つの原因をお話します。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEOは効果ない?SEOの効果を実感できない3つの原因とは?

昔みたいに、

被リンクを張れば検索順位が上がる時代であれば、

目に見えてSEOの効果を実感できていました。

しかし、

Googleのアップデートが繰り返されていくうちに、

SEOの効果を実感することが難しくなりました。

だからこそ「SEOの効果とはなんなのか?」を今一度確かめる必要があるのです。

SEOの効果とは

「知ろうとすること」で初めて実感できるようになります。

そのためにまずは、

SEOの効果を実感できない3つの原因を知ることから始めましょう。

原因①SEO対策するメリットを理解していないから

SEOの効果を実感できない原因として、

まず1つ目に挙げられるのが「SEO対策するメリットを理解していないから

SEOの効果を実感するには、

まずはSEO対策するメリットを理解することが大事です。

  1. 無料集客できる
  2. 自動集客できる
  3. コンバージョン率の高いユーザーを集客できる

では1つ1つ解説します。

無料集客できる

SEOはSNSや広告のようにすぐに結果は出ませんが、

軌道に乗れば無料で見込み客を集客できるようになります。

広告だと1クリック〇〇〇円の費用が発生するところを、

SEOであれば無料で集客できます。

SEOが軌道に乗れば乗るほど、

本来かかるはずの広告費を大幅に削減できます。

例えば、100万円で集客できる見込み客を、

SEOだけで集客できたら、

100万円の経費削減に繋がります。

SEOはやり込まなければ、そこまで費用対効果を実感できませんが、

やり込めばやり込むほど、

費用対効果の高い集客手段となります。

自動集客できる

次にSEOには自動集客できるというメリットがあります。

SEOはコンテンツを作り込めば作り込むほど、

多くの見込み客を自動集客できます。

SNSは更新を止めた途端に集客力が下がり始めますし、

広告も広告費がなくなった途端、

集客力が0になります。

SNSや広告は、それ単体だと集客資産として積み重ならないので、

自社サイトにアクセスを流入させながら、

自社サイトのSEOの評価を高める糧にします。

SEOは時間や労力、お金をかければかけるほど、

多くの見込み客を自動集客できるので、

最終的には営業がいなくても、

コンテンツマーケティングの仕組みだけで売上を伸ばすことが可能になります。

コンバージョン率の高いユーザーを集客できる

SEOの最大のメリットはコンバージョン率の高いユーザーを集客できることです。

Googleで検索してくるユーザーは、

「既にニーズを持っている状態」で能動的にコンテンツを読んでくれるので、

コンバージョンするまでのハードルがかなり低いです。

その点SNSは、

気になる情報がたまたまタイムラインに流れてきて、

メールでSEOの無料相談に乗ります

SEOコンサルタント田村洸典
koucorpではメールでSEOの無料相談に乗っておりますので、

SEOの相談をしたい企業の担当者の方がいらっしゃいましたら是非お問い合わせください。

    送信前にチェックしてください。


    ※3日以上経っても返事が来ない場合は、僕のTwitter(@koucorp)のDMまでご連絡ください。

    この記事を書いた人

    平成6年生まれ/山口県下松市在住/SEO歴8年/高校卒業後2013年3月に19歳で起業しTwitterビジネスを始める。20歳でTwitterのフォロワーを15万人集めアドセンスで月10万を達成。その後、SEOアフィリエイトを開始し21歳で月70万を達成。22歳の頃(2016年6月8日)に法人化し月90万円を達成。※今はアフィリエイトから撤退している元アフィリエイターです。2019年10月にSEOコンサルタントとしてSEOコンサルティング活動を開始。買取関連サイトのお問い合わせ数 前月比250%UP/BtoBサイトのお問い合わせ数 前年同月比300%UPなど、数々の実績を残している。

    田村 洸典をフォローする
    田村 洸典をフォローする
    SEOコンサルティングのプロ 田村洸典のブログ「koucorp」
    タイトルとURLをコピーしました