ライティングの文字単価を5円にした体験談

この記事は約4分で読めます。

ライティングの文字単価を5円にした体験談

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、ライティングの文字単価を5円にした実際の体験談をご紹介します。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

ライティングの文字単価とは?

ライティングの文字単価とは、ライティング案件の1文字あたりの単価を指します。

ライティング案件の中には、1文字1円未満の低品質な案件もあるので要注意です。

特にライティングの文字単価を高くしたい人は、スキルの安売りは禁物です。

ライティングの文字単価を高くする方法

ライティングの文字単価を5円にした体験談

働き方改革で副業が解禁され、ライティングで副業を始めた方も多いでしょう。

しかし、ライティング案件は文字単価が安いことも多く、最低1文字1円の案件を継続的に獲得していかないと、副業として成り立ちません。

文字単価が安いと、かなりの労力をかけないと安定的な副業収入を得られないので、本業と並行するのはかなり厳しいです。

そのため、1文字あたりの文字単価を高くし、費用対効果を高めていくことが大事です。

文字単価を5円にするにはマーケティングスキルが必要

文字単価を高くするには、自分の得意なジャンルを発見し、そのジャンルのメディアを運営しているメディア運営会社のライティング案件を受注することが大事です。

ただ闇雲にランサーズやクラウドワークスで安い文字単価の案件をこなしても意味がありません。

まずは自分が戦えるマーケットを発見し、そのマーケットで自分の地位を確立しましょう。

いわゆる「マーケティング」と呼ばれるものです。

安い単価で幅広く実績を積んでから文字単価を高くしようとするライターが多いですが、幅を広げるのは自分が戦えるマーケットを発見し、そのマーケットで自分の地位を確立した後です。

いきなり幅を広げようとしても、中途半端な専門性しか身につかず、文字単価アップのチャンスに恵まれません。

文字単価を5円にするために必要な5つのスキル

  1. 特定の分野の専門知識
  2. タイピングスキル
  3. 構成力(キーワード選定、タイトル作成、見出し作成)
  4. 文章作成力
  5. マーケティング力

最低でもこれらの5つのスキルが必要でしょう。

ライターにライティングを依頼するメディア運営会社は、記事作成を通して「売上を増やしたい」と考えています。

売上を増やすために、まずは特定の専門分野の中で幅広い良質コンテンツを発信し「今すぐには売上に結び付かないけど将来的に売上に結び付く顧客層(潜在顧客)」を幅広くSEO集客したいと考えています。

今のSEOは良質なコンテンツを増やさないとアクセスや売上が増えないので、専門性のないライターを雇うのは経費の無駄になります。

そのため、ライター自身がしっかりと自分をマーケティングし、売り込んでいかないと、高単価な案件を獲得するのは難しいです。

裏を返せば、一度でも高単価な案件を獲得できれば、文字単価アップの波に乗ることができます。

ライティングの文字単価を5円にした実際の体験談

以上を踏まえて、僕がライティングの文字単価を5円にした実際の体験談をご紹介します。

僕は起業してから8年経ちますが、ライティング案件は単価が安い割に労力がかかるので、ずっと避け続けてきました。

しかし最近、コンテンツSEOが重要視されてくるようになり、SEOを意識した良質なコンテンツを作れる人は高単価でライティング案件を受注できるようになりました。

ちなみに今回僕が受注したライティング案件は、SEOとコンテンツマーケティング情報を発信しているWebメディアだったので、相性抜群でした(笑)

SEOコンサルタント田村洸典のライティングスキル

まずは僕自身のライティングスキルからご紹介します。

  1. SEO歴8年(=起業歴8年)
  2. SEOアフィリエイトで月90万稼いだ経験あり
  3. SEOアフィリエイトで数百記事作成した経験あり
  4. SEOコンサルタントとして幅広い企業のSEO対策を経験(アクセスや売上UPの実績もあり)
  5. koucorp(このブログ)でもSEOジャンルの記事を数多く作成

こうさんはスキルがあるから、文字単価を高くできたのでは?

そう思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですがあまり気にしなくて大丈夫です。

例えば、全くスキルのない未経験者でも、自分の専門性と、その専門性を必要としてくれる企業を見つければ文字単価を高くできます。

タイトルとURLをコピーしました