【体験談】ライティングの文字単価を5円にした方法

SEOコンサルタントこう・地域集客コンサルタントこう

初めまして!

香川県高松市在住のSEOコンサルタントこう・地域集客コンサルタントこう(@koucorp)と申します。

この記事では、

ライティングの文字単価を5円にした実際の体験談をご紹介します。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

ライティングの文字単価とは?

ライティングの文字単価とは

ライティング案件の1文字あたりの単価を指します。

ライティング案件の中には、

1文字1円未満の低品質な案件もあるので要注意です。

特にライティングの文字単価を高くしたい人は、

スキルの安売りは禁物です。

ライティングの文字単価を高くする方法

【体験談】ライティングの文字単価を5円にした方法

働き方改革で副業が解禁され、

ライティングで副業を始めた方も多いでしょう。

しかし、

ライティング案件は文字単価が安いことも多く、

最低1文字1円の案件を継続的に獲得していかないと、

副業として成り立ちません。

文字単価が安いと、

かなりの労力をかけないと安定的な副業収入を得られないので、

本業と並行するのはかなり厳しいです。

そのため、

1文字あたりの文字単価を高くし、

費用対効果を高めていくことが大事です。

文字単価を5円にするにはマーケティングスキルが必要

文字単価を高くするには、

自分の得意なジャンルを発見し、

そのジャンルのメディアを運営しているメディア運営会社のライティング案件を受注することが大事です。

ただ闇雲にランサーズやクラウドワークスで安い文字単価の案件をこなしても意味がありません。

まずは自分が戦えるマーケットを発見し、

そのマーケットで自分の地位を確立しましょう。

いわゆる「マーケティング」と呼ばれるものです。

安い単価で幅広く実績を積んでから文字単価を高くしようとするライターが多いですが、

幅を広げるのは、

自分が戦えるマーケットを発見し、

そのマーケットで自分の地位を確立した後です。

いきなり幅を広げようとしても、

中途半端な専門性しか身につかず、

文字単価アップのチャンスに恵まれません。

文字単価を5円にするために必要な5つのスキル

  1. 特定の分野の専門知識
  2. タイピングスキル
  3. 構成力(キーワード選定、タイトル作成、見出し作成)
  4. 文章作成力
  5. マーケティング力

最低でもこれらの5つのスキルが必要でしょう。

ライターにライティングを依頼するメディア運営会社は、

記事作成を通して「売上を増やしたい」と考えています。

売上を増やすために、

まずは特定の専門分野の中で幅広い良質コンテンツを発信し、

今すぐには売上に結び付かないけど将来的に売上に結び付く顧客層(潜在顧客)」を幅広くSEO集客したいと考えています。

今のSEOは良質なコンテンツを増やさないとアクセスや売上が増えないので、

専門性のないライターを雇うのは経費の無駄になります。

そのため、

ライター自身がしっかりと自分をマーケティングし、売り込んでいかないと、

高単価な案件を獲得するのは難しいです。

裏を返せば、

一度でも高単価な案件を獲得できれば、

次のページへ >

  • この記事を書いた人

SEOコンサルタントこう・地域集客コンサルタントこう

平成6年生まれ/山口県出身/高校卒業後2013年3月に19歳で起業しTwitterビジネスを始める。20歳でTwitterのフォロワーを15万人集めアドセンスで 月10万を達成。その後、パワーサイトアフィリエイト(ネット販売)を開始し21歳で月70万を達成。22歳の頃(2016年6月8日)に法人化し月90万円を達成。※今はアフィリエイトから撤退している元アフィリエイターです。2019年10月にSEOコンサルタントとして活動を開始。買取関連サ イトのお問い合わせ数前月比250%UP/BtoBサイトのお問い合わせ数前年比300%UPなど、数々の実績を残している。

投稿日:2020-09-02 更新日:

Copyright© SEOコンサルタントこうのブログ「koucorp」|香川県高松市在住のSEO対策のプロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.