ライティングの文字単価を5円にした体験談

この記事は約10分で読めます。

ライティングの文字単価を5円にした体験談

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、ライティングの文字単価を5円にした実際の体験談をご紹介します。

結論から言うと、自分の得意なジャンルを発見し、そのジャンルのメディアを運営しているメディア運営会社のライティング案件を受注することで、ライティングの文字単価を5円にすることに成功しました。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEO対策実績と成功事例【職務経歴書】
Googleの検索エンジンを使ってWebサイトの営業・マーケティングを強化するやり方をSEO対策と言います。SEOでは「ホームページやブログのコンテンツの検索順位を上位表示させた実績」が大事ですが、正しくキーワード選定・作成したロングテールキーワードでないと意味がありません。SEO会社ごとに独自の正しい解説情報やコツ、自社オリジナルのツールやリンクの獲得方法を確立しており、その緻密で複雑なノウハウの基、SEOの実績が成り立ちます。そのためSEOの実績の有無はSEOを依頼する上でとても大事な指標になります。※SEO会社と言えば株式会社ジオコードさんが有名です。事業内容はSEO対策・リスティング広告運用・ウェブ制作サービス。社員紹介のインタビュー記事も勉強になります。弁理士。
SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。費用は時給5,000円です。

ライティングの文字単価とは?

ライティングの文字単価とは、ライティング案件の1文字あたりの単価を指します。

ライティング案件の中には、1文字1円未満の低品質な案件もあるので要注意です。

特にライティングの文字単価を高くしたい人は、スキルの安売りは禁物です。

ライティングの文字単価を高くする方法

ライティングの文字単価を5円にした体験談

働き方改革で副業が解禁され、ライティングで副業を始めた方も多いでしょう。

しかし、ライティング案件は文字単価が安いことも多く、最低1文字1円の案件を継続的に獲得していかないと、副業として成り立ちません。

文字単価が安いと、かなりの労力をかけないと安定的な副業収入を得られないので、本業と並行するのはかなり厳しいです。

そのため、1文字あたりの文字単価を高くし、費用対効果を高めていくことが大事です。

文字単価を5円にするにはマーケティングスキルが必要

文字単価を高くするには、自分の得意なジャンルを発見し、そのジャンルのメディアを運営しているメディア運営会社のライティング案件を受注することが大事です。

ただ闇雲にランサーズやクラウドワークスで安い文字単価の案件をこなしても意味がありません。

まずは自分が戦えるマーケットを発見し、そのマーケットで自分の地位を確立しましょう。

いわゆる「マーケティング」と呼ばれるものです。

安い単価で幅広く実績を積んでから文字単価を高くしようとするライターが多いですが、幅を広げるのは自分が戦えるマーケットを発見し、そのマーケットで自分の地位を確立した後です。

いきなり幅を広げようとしても、中途半端な専門性しか身につかず、文字単価アップのチャンスに恵まれません。

文字単価を5円にするために必要な5つのスキル

  1. 特定の分野の専門知識
  2. タイピングスキル
  3. 構成力(キーワード選定、タイトル作成、見出し作成)
  4. 文章作成力
  5. マーケティング力

最低でもこれらの5つのスキルが必要でしょう。

ライターにライティングを依頼するメディア運営会社は、記事作成を通して「売上を増やしたい」と考えています。

売上を増やすために、まずは特定の専門分野の中で幅広い良質コンテンツを発信し「今すぐには売上に結び付かないけど将来的に売上に結び付く顧客層(潜在顧客)」を幅広くSEO集客したいと考えています。

今のSEOは良質なコンテンツを増やさないとアクセスや売上が増えないので、専門性のないライターを雇うのは経費の無駄になります。

そのため、ライター自身がしっかりと自分をマーケティングし、売り込んでいかないと、高単価な案件を獲得するのは難しいです。

裏を返せば、一度でも高単価な案件を獲得できれば、文字単価アップの波に乗ることができます。

ライティングの文字単価を5円にした実際の体験談

以上を踏まえて、僕がライティングの文字単価を5円にした実際の体験談をご紹介します。

僕は起業してから8年経ちますが、ライティング案件は単価が安い割に労力がかかるので、ずっと避け続けてきました。

しかし最近、コンテンツSEOが重要視されてくるようになり、SEOを意識した良質なコンテンツを作れる人は高単価でライティング案件を受注できるようになりました。

ちなみに今回僕が受注したライティング案件は、SEOとコンテンツマーケティング情報を発信しているWebメディアだったので、相性抜群でした(笑)

SEOコンサルタント田村洸典のライティングスキル

まずは僕自身のライティングスキルからご紹介します。

  1. SEO歴8年(=起業歴8年)
  2. SEOアフィリエイトで月90万稼いだ経験あり
  3. SEOアフィリエイトで数百記事作成した経験あり
  4. SEOコンサルタントとして幅広い企業のSEO対策を経験(アクセスや売上UPの実績もあり)
  5. koucorp(このブログ)でもSEOジャンルの記事を数多く作成

こうさんはスキルがあるから、文字単価を高くできたのでは?

そう思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですがあまり気にしなくて大丈夫です。

例えば、全くスキルのない未経験者でも、自分の専門性と、その専門性を必要としてくれる企業を見つければ文字単価を高くできます。

スキル以上に自分の市場価値を最大限発揮できるマーケットを見つけることが大事なので、スキルがなくても、自分をしっかりとマーケティングしていけば、文字単価を高くすることは十分可能ということですね。

しかし、あなたの専門性を必要としてくれる企業がすぐには見つからないこともあります。

そういう方は、まずは「どんなジャンルのメディアを運営するメディア運営会社が存在するのか?」をリサーチし、そのジャンルに特化した専門知識を1から身に着けることをおすすめします。

相手のニーズに合わせて自分を変化させることで、文字単価を高くすることが可能です。

※専門知識を身に着けるならブログ運営がおすすめです。記事を書きながら専門知識を身に着けることができ、ブログが軌道に乗ればSEO集客でアクセスや売上を伸ばすこともできます。その実績をポートフォリオとして提示すれば受注率も高くなります。

文字単価の高い、ライティング案件の見つけ方

文字単価の高いライティング案件を見つけるには、まずはライターを募集しているメディア運営会社を探す必要があります。

ここで重要なのが、「ライティング案件を探すプラットフォーム」です。

ランサーズやクラウドワークスなど、文字単価が低いプラットフォームは基本的に使いません。

その代わり僕がおすすめするプラットフォームが2つあります。

LinkedInWantedlyです。

  • LinkedIn:ビジネスに特化したSNS。日本ではあまり有名ではありませんが、感度の高い経営者や人事、営業担当者が数多く登録しているので、高単価な案件に巡り合う可能性が高い。メディア運営会社の役員と繋がることもできるので、自分から友達申請(つながりを申請)して自己PRすれば案件を紹介してもらえる可能性が高い。高単価な仕事を紹介してくれるエージェントの担当者も登録しているので、エージェントと繋がってライティング案件を紹介してもらうのもアリ。
  • Wantedlyの編集・ライティング案件一覧:高単価のライター案件を獲得するには外注としてでなく業務委託で案件を受注することが重要。業務委託はプロとして雇われる前提なので外注よりも単価が高い傾向がある。僕も3000文字~の記事1記事あたり1.5万円の単価の依頼相談を受けた。LinkedIn経由で知り合った役員の方からDMで案件を紹介してもらい、案件紹介ページとしてWantedlyのページを紹介してもらった。

※僕はSEOコンサルタントなのでライター業界には正直詳しくありません。そのためプロライターの佐々木ゴウさんがおすすめするプラットフォームでも探してみてください。詳しくはプロ無職のるってぃさんのYouTube動画を参考に。めちゃくちゃ勉強になります!

LinkedInとWantedlyのプロフィールを作り込む

LinkedInとWantedlyに登録したら、まずは、プロフィールを作り込みましょう。

あなたがどんな人で、どんな経歴がある人なのかが分からないと、メディア運営会社はあなたの存在にすら気づきません。

メディア運営会社が思わずあなたを欲しいと思ってしまうようなプロフィールを研究しましょう。

※一度プロフィールを作成すれば、いろんなプラットフォームでプロフィールを使い回せるので、今の内にガッツリプロフィールを作っておきましょう!

WEBライターはプロフィールが大事!依頼が増える書き方とは?

LinkedInでメディア運営会社の担当者に友達申請しまくる

LinkedInでメディア運営会社の担当者に友達申請すると、中にはあなたのプロフィールを覗いてくれる担当者もいます。

その際にプロフィールが作り込まれていたら、DMで仕事の依頼が来やすくなります。

ライティングの文字単価を5円にした体験談

以上を踏まえてまずは、LinkedInの管理画面の左上に検索フォームがあるので、「メディア運営」「WEBメディア」「ライティング」「ライター」「マーケティング」などで検索しましょう。

※他にもあなたの得意分野のキーワード(「音楽」「料理」「英語」「ゲーム」「恋愛」など)で検索すると、その得意分野に該当するメディアを運営している人を発見しやすくなります。

そうすると検索フォームの下に「ユーザー・求人・コンテンツ」というメニューバーが表示されるので、「ユーザー」をクリックしましょう。

検索キーワードに関連する人がズラッと出てくるので、メディア運営会社の担当者を探して友達申請しまくりましょう。

※友達申請する前に「すべてのフィルター」→「2次」「3次+」にチェックしましょう。未申請の友達のみが表示され、友達申請作業を効率化できます。

友達承認されたら、あなたの方から自己紹介と「仕事を探している旨」をDMで伝えましょう。

※友達申請をしまくると制限がかかりますが、凍結される心配はないので時間を置いてから再度友達申請してください。

↓僕もLinkedInで友達承認してくださった方に自己紹介DMを送り、メディア運営会社の取締役の方からお声がけいただきました。

ライティングの文字単価を5円にした体験談

ライティングの文字単価を5円にした体験談

ライティングの文字単価を5円にした体験談

ライティングの文字単価を5円にした体験談

↑LinkedInを使っている方はWantedlyも使っている可能性が高いので、Wantedlyにも登録しておきましょう。

ライティングの文字単価を5円にした体験談

↑ライティングテストにも合格し、無事採用されました!緊張しましたが、めっちゃ嬉しかったです(笑)

Wantedlyで編集・ライティング案件を探す

ライティングの文字単価を5円にした体験談

LinkedInで友達申請をしつつ、Wantedlyでも編集・ライティング案件を探しましょう。

文字単価を高くするには、自分から積極的に高単価の仕事を探しに行くしかありません。

待ちの姿勢では来るものも来ないので、積極的に高単価の案件を探しましょう。

全ての人がライティングの文字単価を高くできるわけではない

最後に1つだけ。

全ての人がライティングの文字単価を高くできるわけではないので、今は通用しないなと思ったら、潔く遠回りしましょう。

仕事をもらうということは、他のライターを差し置いて自分を選んでもらうことです。

競合が多いライター業界で高単価の仕事を獲得するには、大勢の中から自分を選んでもらう実績作りが必要です。

仕事をもらうには、やはり、それなりの準備が必要になります。

専門性のない人やライター未経験者が、今すぐ自分を指名してもらうのは難しいでしょう。

しかしだからと言って、自分の時間を安売りして文字単価1円未満で頑張れというわけではありません。

まずは「どんなジャンルのメディアを運営するメディア運営会社が存在するのか?」をリサーチし、そのジャンルに特化した専門知識を1から身に着けることをおすすめします。

LinkedInとWantedlyで調査していくうちに、自分の強みや弱みが観えてきます。

自分の立ち位置が分かれば、次にどんな行動をすれば高単価の案件を受注できるかも観えてきます。

そのジャンルに関連する本やサイトを見て勉強する・そのジャンルに特化したサイトを立ち上げて成果を出すなど。

そうすれば、自ずと自分が進むべき道も観えます。

その果てに文字単価が高くなると僕は考えています。

SNSが普及している現代。

周りを見渡せば凄い人はたくさんいますが、そういう人たちに惑わされず、自分の立ち位置を冷静に判断してコツコツ努力していきましょう。

間違っても自分のスキルを安売りしないでください。

間違った方向で自分の労力や時間を使い込んでも、文字単価アップには繋がりませんので。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

SEOに強いライティングスキルを付けたい方はこちらの記事も参考にしてください↓

ブログの文字数はSEO的に3000文字以上がおすすめ!
Googleで「ブログ記事の文字数のSEO」について検索すると上位表示しているサイトの情報にバラツキがあることに気づくでしょう。SEO対策関係のコンテンツには明確な情報が書かれていないことがよくあります。キーワードの設定方法やリンクチェックツールの使い方と違ってブログの文字数のSEO情報は定義がかなり曖昧なので。そこで僕は3000文字以上のブログ記事を書くことをおすすめしています。koucorp
SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。費用は時給5,000円です。
SEO対策の業務委託を個人SEOコンサルに発注したい担当者様へ
SEO対策の業務委託はSEO対策会社やホームページ制作企業でなく個人SEOコンサルタント(フリーランスなど)に発注することをおすすめします。SEO対策はGoogleの検索エンジンのシステムやプログラミング言語の情報などを基に、広告サービスを使わずWebサイトの記事をキーワード検索で集客するコンテンツマーケティングの一部。SEO対策の業務委託を発注する場合は使用するツールや過去の事例を教えてもらい、さらには契約書を作成してもらって募集内容を確認するなど事前に徹底したリサーチを行うようにしましょう。koucorp

 

 

タイトルとURLをコピーしました