コンテンツSEOの失敗事例を紹介します

この記事は約3分で読めます。

コンテンツSEOの失敗事例

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、

コンテンツSEOの失敗事例について解説します。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

コンテンツSEOの失敗事例とは?

コンテンツSEOの失敗事例とは

頑張ってコンテンツSEOしても一向に成果が出ない状況のことを指します。

通常コンテンツSEOの成果が表れ始めるのは、

コンテンツSEOを開始してから3か月~6か月後です。

しかし、何年コンテンツSEOしても成果が出ないこともあります。

その場合、

間違ったコンテンツSEOをしている可能性があります。

コンテンツSEOの失敗は、

早めに解消しておくに越したことはありません。

コンテンツSEO対策に失敗する原因は〇〇が見えていないから

コンテンツSEOの失敗事例

コンテンツSEOする中で、

コンテンツSEOに失敗することはよくあります。

僕の経験上、

コンテンツSEOに失敗する人は「相手目線に立ったコンテンツSEOをしていない」傾向があります。

コンテンツSEOに失敗する原因は、

相手が見えていないからです。

相手が見えないままコンテンツSEOしているから、

いつまでも相手目線に立てず、

コンテンツSEOに失敗するのです。

相手が見えていない人は、

どれだけ頑張ってコンテンツSEOしても、

絶対に相手目線に立つことはできません。

相手目線に立つことができないということは、

一歩もスタートラインに立てないということです。

仮にあなたが毎日100%の力を出し切ってコンテンツSEOしたとしても、

相手が見えていなければ全て無意味です。

どれだけコンテンツSEOを頑張っても、

あなたの想いは誰にも届かないでしょう。

特にいまのSEO対策は昔みたいにテクニカルなSEO対策が通用しないので、

相手ありきでSEO対策しないと尽く失敗します。

昔は相手を意識しなくても、

テクニカルなSEO対策で簡単に上位表示して稼げましたが、

今はとことん相手目線に立たないとホント上手くいきませんね(^^;

テクニカルなSEO対策は、

より相手目線に立つための補完的な道具として使うイメージです。

それのみで成功することは、ほぼ不可能です。

コンテンツSEOの失敗を防ぐ12個の質問とは?

相手が見えないままコンテンツSEOしても、

相手目線に立てず、

スタートラインすら切ることができないとお話しました。

じゃあ具体的にどういう風に相手を見ればいいのか?

詳しく解説していきたいと思います。

まずは以下の表をご覧ください。

性別
年齢
職種(BtoBの場合 業種)
所得(BtoBの場合 売上)
世帯規模(BtoBの場合 企業規模)
学歴(BtoBの場合 担当者の学歴)
住所(BtoBの場合 会社住所
ライフスタイル
思考の傾向
行動の傾向
抱えている悩み・ストレス
達成したいゴール・願望

この表は「ペルソナ設定」で使われる表になります。

12個の質問で構成されており、

メールでSEOの無料相談に乗ります

SEOコンサルタント田村洸典
koucorpではメールでSEOの無料相談に乗っておりますので、

SEOの相談をしたい企業の担当者の方がいらっしゃいましたら是非お問い合わせください。

    送信前にチェックしてください。


    ※3日以上経っても返事が来ない場合は、僕のTwitter(@koucorp)のDMまでご連絡ください。

    この記事を書いた人

    平成6年生まれ/山口県下松市在住/SEO歴8年/高校卒業後2013年3月に19歳で起業しTwitterビジネスを始める。20歳でTwitterのフォロワーを15万人集めアドセンスで月10万を達成。その後、SEOアフィリエイトを開始し21歳で月70万を達成。22歳の頃(2016年6月8日)に法人化し月90万円を達成。※今はアフィリエイトから撤退している元アフィリエイターです。2019年10月にSEOコンサルタントとしてSEOコンサルティング活動を開始。買取関連サイトのお問い合わせ数 前月比250%UP/BtoBサイトのお問い合わせ数 前年同月比300%UPなど、数々の実績を残している。

    田村 洸典をフォローする
    田村 洸典をフォローする
    SEOコンサルティングのプロ 田村洸典のブログ「koucorp」
    タイトルとURLをコピーしました