SEO対策の業務委託を個人事業主SEOコンサルタントに発注・外注した方がいい理由

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント・Webマーケター・EC広告代理店事業経営者田村洸典(たむらこうすけ)」@koucorp)と申します。

この記事では、SEO対策の業務委託を個人事業主SEOコンサルタントに発注・外注したい企業向けに「SEO対策の業務委託を個人事業主SEOコンサルタントに発注・外注した方がいい理由」についてお話ししています。

※SEO業務を僕(個人事業主SEOコンサルタント)に業務委託したい企業様がいらっしゃれば「①SEO対策の業務委託(下請け)を僕に依頼したいマーケティング会社、広告代理店、Webメディア会社の担当者様へ」または「②直契約でSEO対策を依頼したいクライアント様へ」をご覧ください。

結論はこちら!

  1. SEO対策代行会社に発注・外注すると、SEO経験の浅い社員がSEO対策を担う可能性があるから
  2. SEO対策代行会社に発注・外注すると「会社内でどんな施策をしているのか?」内部の状況が見えづらく、不信感が募りやすいから
  3. SEO対策代行会社の中にはクライアントさんの成果よりも、自社の利益を優先している会社もあるから(特に電話営業してくるSEO対策代行会社は質の低いサービスをウリに高額なコンサル料を請求してくるので要注意。電話営業自体もSEO経験の浅い、けど口がうまい社員がしていることが多い)
  4. その点、個人に発注・外注すれば1~3のリスクを避けられる↑
  5. 透明性のないSEO対策代行会社に発注・外注するより、実績・経験、人間性がハッキリ見える個人に発注・外注した方が安心!

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEOの業務委託の発注・外注とは?

SEOの業務委託の発注・外注とは、業務委託契約でSEO対策を外部に発注・外注することを指します。

業務委託とは、自社で請け負えない業務を外部に委託する契約のことを指し、正社員や契約社員とは異なる形態になります。

まず、業務委託には指揮命令権が発生しません。

そのため業務委託を発注・外注すると、受注者側に裁量権が与えられます。

業務委託の中で、成果物の完成責任がある契約形態を「請負契約」。

完成責任のない契約形態を「委任/準委任契約」と言います。

請負契約は成果物に対して報酬が発生し、委任/準委任契約は契約期間中の断続的な業務行為に対して決まった報酬額が発生します。

ちなみに弁護士などの士業が行う行為なら「委任契約」。

コンサルタントなど法律行為を伴わない専門家が行う行為なら「準委任契約」となります。

つまりSEOの業務委託は「準委任契約」に該当します。

※僕にSEO対策を依頼したい場合、業務委託契約書はこちらで用意できます。契約書の作成が面倒という場合も、是非ご相談いただけたらと。

SEO対策の業務委託をSEO業者でなく個人SEOコンサルに発注・外注した方がいい理由とは?

まず、ここでいう個人とは、個人事業主やフリーランス、SEO対策代行会社を経営している人やSEO対策代行会社に勤めている社員で副業でSEOコンサルをしている人など「特定の個人」のことを指します。

SEOの業務委託を発注・外注する際は、SEO対策代行会社(会社組織そのもの)に発注・外注するのではなく「特定の個人」に発注・外注することをおすすめします。

SEOの業務委託を特定の個人に発注・外注した方がいい理由は5つあります。

  1. SEO対策代行業者に発注・外注すると、SEO経験の浅い社員がSEO対策を担う可能性があるから
  2. SEO対策代行業者に発注・外注すると「会社内でどんな施策をしているのか?」内部の状況が見えづらく、不信感が募りやすいから
  3. SEO対策代行業者の中にはクライアントさんの成果よりも、自社の利益を優先している業者もあるから(特に電話営業してくるSEO対策代行業者は質の低いサービスをウリに高額なコンサル料を請求してくるので要注意。電話営業自体もSEO経験の浅い、けど口がうまい社員がしていることが多い)
  4. その点、個人事業主・フリーランスに発注・外注すれば1~3のリスクを避けられる↑
  5. 透明性のないSEO対策代行業者に発注・外注するより、実績・経験、人間性がハッキリ見える個人事業主・フリーランスに発注・外注した方が安心!

SEO対策代行業者の中には、質の低いサービスをウリに高額なコンサル料を請求している業者も多いです。

SEO対策すれば、こんなメリットがありますよ」と、できもしないことをエサにお金を騙し取ろうとします。

GoogleのアップデートでSEOが厳しくなった今、質の低いSEO対策代行業者はドンドン淘汰されています。

そんな中、何とか必死に生き残ろうと頑張っているSEO対策代行業者は、クライアントさんの利益よりも自社の利益を優先します。

SEOには絶対的ノウハウが存在しないのに「SEO対策すれば検索順位が伸びますよ!」「売上が増えますよ!

などと断言し、何とか契約させようとしてきます。

その口車に乗せられて契約してしまったら最後…質の低いサービスで高額なお金を請求され、時間が経ってから、ようやく気づくのです。

あれだけ自信満々なこと言っといて、全然成果が出ないじゃん…」「もしかして騙された?」と。

そうなってしまっては、もう手遅れです。

失ったお金を取り戻せないまま、泣き寝入りするしかありません。

SEO業者に35万円払ったが、最悪な結果となったのでブログをはじめました。本当にありがとうございました。

↑こちらは神戸Tシャツ製造所さんの記事で「悪質なSEO業者に騙された体験談」が生々しく綴られています。

SEO対策の業務委託を発注・外注したいマーケティング会社、広告代理店、Webメディア会社は、悪質なSEO業者にSEO業務を委託してしまうと大切なクライアントさんの信頼を失いかねません。

日々誠実にSEO業務に向き合ってくれる下請けを探さないと自社のブランドを大きく傷つけてしまうので、委託先のSEO業者が普段から悪質なSEO対策をしていないか見極める必要があります。

■ポイント

SEO会社にSEO対策を依頼すると相場は20万円くらいします(しかも、低品質リスク付き)。その点、個人事業主やフリーランスに依頼すれば数万円で高品質なSEO対策を依頼できます。

SEO会社向けの相場は高すぎるので、相場はもっと安く考えた方がいいです。

実態が見えづらいSEOの業務委託を、実態が見えない相手に発注・外注するのは超危険

SEO対策の業務委託を個人SEOコンサルに発注・外注した方がいい理由

SEOには「こうすれば必ず検索順位が上がる」という絶対的なノウハウは存在しません。

SEOの正解はGoogleが非公開にしており、誰もその答えを知らないのです。

そんな中、世の中のSEOコンサルタントは自社のサイトやクライアントさんのサイトを通して日々SEOを追究し、地道な作業を何度も何度も繰り返しながら独自のノウハウを築いていきます。

SEOで成果を出すまでの道のりは、とても長く険しいです。

そのため、覚悟のない人が安易に「成果が出る」と断言していい世界ではないのです。

SEOの世界はとにかく実態が見えづらいです。

あらかじめ正解が用意されていないので仕方がありません。

SEOはWebマーケティングの一種ですが、マーケティングの世界にもあらかじめ正解は用意されていませんよね?

起業や経営もそうです。

正解のない中で独自に自社の答えを切り開いてきた結果、生き残る会社もあれば倒産する会社もあります。

SEOも同じです。

答えはあらかじめ用意されておらず、100%の成果を保証することはできません。

そんな実態が見えづらいSEOを、さらに実態が見えない相手に発注・外注すれば大損するのは当然です。

そこで僕は、SEO対策代行会社でなく特定の個人にSEOの業務委託を発注・外注することを強くおすすめしています。

特定の個人であれば、SEO対策代行会社と違って実態が見えやすいです。

SEO対策の実績や経験はもちろん、その人の人間性や周りに集まっている人たち、SNSの投稿内容など、実態をつかむための情報が見つかりやすいです。

実態が見えづらいからこそ、SEOの業務委託を発注・外注する際は、発注・外注相手の人間性や信頼性を決め手にする必要があります。

※ちなみに100%安心して任せられるおすすめのSEOコンサルはいくら探しても見つからないので、より確度の高い人に依頼できれば成功です。

ただ闇雲に相手の口車に乗せられてはいけません。

それにSEOの業務委託には高額な費用・料金もかかりますし。

数千円や数万円の費用・料金くらいなら仮に騙されたとしてもすぐ立ち直れますが、数十万円だとそうはいきません。

実際にSEOの業務委託を発注・外注するなら、数十万円~数百万円の費用・料金は覚悟しなければなりません(SEOの業務委託は継続依頼が前提なので)。

高額なお金がかかるからこそ、事前に発注・外注先の人間性や信頼性を確かめておかなければなりません。

個人SEOコンサルタントがおすすめする「SEOの業務委託を受注してくれる個人の見つけ方」とは?

最後に、普段から企業向けや法人向けにSEOコンサルティングをしている僕がおすすめするSEOの業務委託を受注してくれる個人事業主・フリーランスの見つけ方を紹介します。

世の中には、いろんなSEOコンサルタントがいます。

個人事業主・フリーランスで活動している人もいれば、会社を立ち上げて活動している人もいます。SEO会社などに勤めながら副業でSEOコンサルやSEO講師をしている人もいます。

活動拠点もバラバラです。

ランサーズやクラウドワークスなどクラウドソーシングで活動している人もいれば、自社サイトでSEO集客してSEO案件を獲得している人もいます。

「じゃあ具体的にどうやって探せばいいの?」という話ですが、僕は「Twitter」で探すことを強くおすすめします。

Twitterには、SEO会社のいち社員や、いち社長の個人アカウントがたくさんあります。

SEO会社という組織そのものにSEOの業務委託を発注・外注すれば、社内のいち個人の人間性や信頼性は簡単に誤魔化せますが、Twitterでは、そうはいきません。

そのひと個人の人間性や信頼性がありのまま晒されるので、人間性や信頼性が、そのままフォロワー数などの数値に表れてきます。

そのためTwitterは、SEOの業務委託を発注・外注する前に発注・外注相手の人間性や信頼性を確かめるツールとしてかなり役立ちます(副業でコッソリやってる人もいますが)

世の中で「悪質なSEO会社」と呼ばれている会社は、Googleで検索しても自社サイトが上位表示されていませんし、SEOの会社なのにSEO集客でなく電話営業でセールスしてきます。

そんな会社のいち社員がTwitterをやっているのを僕は見たことがありませんし、仮にやっていたとしても、SEO界隈やWeb界隈で注目されることなく、

Twitterの更新を放り投げてしまっていることでしょう。

つまりTwitterを使えば、悪質なSEO会社に掴まる心配がないということです。

ちなみに、人間性や信頼性の高いTwitterアカウントには次の5つの特徴があります。

  1. アイコン写真が顔写真(Twitterで顔を公開していなくても、ブログなどで顔写真を公開していれば可)
  2. プロフィールやアカウント名に「SEO」や「SEO対策」というキーワードが含まれている(プロフィールにその人が運営するブログのリンクがあれば、リンク先も必ずチェックする)
  3. フォロワーが500人以上いる(ただし、フォロワー数よりもフォロー数の方が極端に多い人は怪しいので注意)
  4. 呟いている内容に信頼性がある(単にSEOの知識を呟いているだけの人は本やネットの記事など、他人の知識を借りて呟いている可能性が高いです。重要なのは実体験に基づいたSEOの情報発信をしているかどうか?です)
  5. Twitterの更新頻度が高く、呟き内容にいいねやRT、コメントが付いている(フォロワーを買ってフォロワー数を多く見せている人は、フォロワー数の割に呟きの反応率が低いので要チェック)(更新頻度が高く、反応率が高い呟きをしている人ほど「有益な情報を発信している可能性が高い」ので信頼性も高いと言えます)

SEOの業務委託を発注・外注する前にこれくらい厳しくチェックしておけば、発注・外注後のトラブルをかなり減らせます。

ちなみに、個人のTwitterアカウントを探したいなら、まずは僕がTwitterでフォローしている人たちの中から気になる人をフォローしてみてください。

田村洸典🧐SEOコンサルタント(@koucorp)さんがフォローしているアカウント / Twitter

僕のTwitterアカウントはSEOやWeb関係の人を中心にフォローしており、SEOの業務委託を発注・外注したい個人を見つけるにはうってつけです。

フォローした後は、あなたのTwitterのタイムラインにフォローした人たちの呟きが表示されるようになるので、まずはいろんな人のツイートをじっくり見ながら観察してみてください。

それと気になる呟きには随時、いいねやRT、コメントをすることをおすすめします。

自分から積極的に交流した方が相手の人間性や信頼性を確かめやすいので。

あと抵抗がなければ、いきなりDMを送ってみるのもアリですね。

送る内容は「今あなたが抱えているSEOの悩み」。

そこで「親身になって相談に乗ってくれるかどうか?」も、相手の人間性や信頼性を判断する基準になります。

アドバイスの質も重要です。

仮に親身になって相談に乗ってくれたとしても、アドバイスの質が高くなければSEOの業務委託を発注・外注しない方がいいです。

いくら人間性が良くても、アドバイスの内容に信頼性がないと、これまた発注・外注後に損する可能性がありますので。

ちなみに僕のTwitter(@koucorp)でもDMを受け付けていますので、SEOの悩みがある方は、いつでもご連絡ください!

ということで以上が、SEOの業務委託をSEO対策代行会社でなく個人事業主・フリーランスに発注・外注した方がいい理由になります。

SEOの業務委託を発注・外注したい方は是非、参考にしてください。

①SEO対策の業務委託(下請け)を僕に依頼したいマーケティング会社、広告代理店、Webメディア会社の担当者様へ【受付一時停止中】

費用・料金サービス内容・仕事内容
要相談■SEO資料作成
■作業指示書作成
■施策立案
■コンテンツディレクション
■自社サイト運営
■PMなど

※「コンテンツ作成を外注したい」「SEOに強いライターを探している」「コンテンツマーケティング全般を任せたい」「リスティング広告(Google広告・Yahoo!広告)、ディスプレイ広告、SNS広告(アド広告)の広告費を削減しつつ売上を増やす方法を調べてほしい」「Webコンサルを個人に依頼したい」「個人ブログ・アフィリサイトのSEO対策をしてほしい」「自社サイトのSEO対策を任せたい」など、幅広い相談に対応できます。

※事前にZoomなどでビデオ通話も可能です。

※求人サイトで求人を出しているが良い人材が集まらない場合も、業務委託契約限定にはなりますが貴社プロジェクトに参画可能です。

②直契約でSEO対策を依頼したいクライアント様へ【実績も公開】|月額20万円~

SEO対策の業務委託を個人事業主SEOコンサルタントに発注・外注した方がいい理由

■サービス内容・仕事内容

月額20万円の場合、既存記事修正・新記事作成を合計月20記事行います。SEO歴10年の視点からアクセスや売上が効率的に増える既存記事修正・新記事作成を行います。

■田村のSEOコンサルティングのメリット・デメリット

メリット:
SEO歴10年のプロを即戦力として明日から使える
人材育成のコスト0円
退職リスクなし

月20万円の正社員を雇うよりコスパがいい
スキルのない人に依頼するより結果が出る確率が高いので、払った費用が無駄になりにくい
1ヶ月契約が可能
結果が出なければすぐ解約できる
初期費用0円

デメリット:
正社員1人分のコストがかかる

SEOの特性上、やる前から成果を予測できない
広告みたいにすぐに成果が出ない(3ヶ月~半年はかかる)
どれだけ質の高いSEO対策をしても成果が出ないことがある

※コンサルサービスのため実装作業はほぼ貴社側で行っていただく形式になります。実装するコンテンツ(既存記事に追加してほしいキーワード、新記事作成のタイトルと見出し構成など)はこちらで作成し、実装作業や記事作成(見出しに沿って回答文を作成)は貴社に任せるイメージです。

※事前にZoomなどでビデオ通話も可能です。あらかじめ簡単にサイト診断と今度の戦略の方向性をまとめますので、サイトのURLも併せてご教授ください。

※ランサーズやクラウドワークスで僕のアカウントを見られた企業様で、ブログで直接お問い合わせしたい企業様も受付中です。

※外部施策は受注しておらず、いわゆる「内部施策」「内部対策」と呼ばれる対策のみを行います。内部施策だけでもSEOで成果を出すことは可能です。その辺りのノウハウも保有しているので、是非ご相談ください。

※ECサイト集客のご相談も可能です。楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、Shopify、BASE、MakeShop、カラーミーショップなど、幅広いマーケットプレイスの集客依頼に対応しております。

■当記事の内容に共感してくださった企業様からの依頼の成果【2022年11月7日~追記開始】

顔や実績の見えないSEO会社の担当者よりも、顔や実績が分かる個人に依頼した方がいいという当記事の内容に共感してくださった企業様の依頼の成果になります。

↑既存のキーワードと新しいキーワードの上位表示を並行して目指すので、アクセス数UPも十分可能です。

もちろん、売れるキーワードや潜在層向けのキーワードを選んだ上でSEO対策するので、売上UPにも繋がりやすくなります。

↑お問い合わせも増えてきているとのご報告をいただきました!

■激戦区のMEO対策

↑MEO対策とSEO対策は密接な関係があるので、MEO対策する際はSEO対策の領域も少しかじります。

そのため、結果的にSEO経由のアクセス数も増加します。

MEO対策成功事例

⇒過去のSEO対策の実績はこちらにまとめてます

まずは気軽にご相談ください

    クイズ(スパム防止のため、お手数ですがよろしくお願い致します)※答えは「東京」です。

    ※対応業種は以下の通り。基本的に成果の出るSEOのノウハウは業種関係なく共通して使い回せるので、どの業種でも対応可能です。

    農業,林業・漁業・鉱業,採石業,砂利採取業・建設業・製造業・電気・ガス・熱供給・水道業・情報通信業・運輸業,郵便業・卸売業・小売業・金融業・保険業・不動産業,物品賃貸業・学術研究,専門・技術サービス業・宿泊業,飲食サービス業・生活関連サービス業,娯楽業・教育,学習支援業・医療,福祉・複合サービス事業・サービス業・公務 など

    ※対応地域は以下の通り。在宅で仕事をしているので全国対応です。アメリカなど海外からの仕事を受けることもあるので、海外からの依頼も可能です(ただし日本語サイト限定)

    北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 など

    札幌市 青森市 盛岡市 仙台市 秋田市 山形市 福島市 水戸市 宇都宮市 前橋市 さいたま市 千葉市 新宿区 横浜市 新潟市 富山市 金沢市 福井市 甲府市 長野市 岐阜市 静岡市 名古屋市 津市 大津市 京都市 大阪市 神戸市 奈良市 和歌山市 鳥取市 松江市 岡山市 広島市 山口市 徳島市 高松市 松山市 高知市 福岡市 佐賀市 長崎市 熊本市 大分市 宮崎市 鹿児島市 那覇市 など