SEO対策の業務委託を個人SEOコンサルに発注したい担当者様へ

この記事は約4分で読めます。

SEO対策の業務委託を個人SEOコンサルに発注した方がいい理由

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、SEO対策の業務委託を個人SEOコンサルに発注した方がいい理由についてお話ししています。

※SEO業務を僕に委託したい担当者様は「SEO対策の業務委託(下請け)を僕に依頼したいマーケティング会社、広告代理店、Webメディア会社の担当者様へ」をご覧ください。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。
SEO対策実績と成功事例【職務経歴書】
Googleの検索エンジンを使ってWebサイトの営業・マーケティングを強化するやり方をSEO対策と言います。SEOでは「ホームページやブログのコンテンツの検索順位を上位表示させた実績」が大事ですが、正しくキーワード選定・作成したロングテールキーワードでないと意味がありません。SEO会社ごとに独自の正しい解説情報やコツ、自社オリジナルのツールやリンクの獲得方法を確立しており、その緻密で複雑なノウハウの基、SEOの実績が成り立ちます。そのためSEOの実績の有無はSEOを依頼する上でとても大事な指標になります。※SEO会社と言えば株式会社ジオコードさんが有名です。事業内容はSEO対策・リスティング広告運用・ウェブ制作サービス。社員紹介のインタビュー記事も勉強になります。弁理士。

SEOの業務委託の発注とは?

SEOの業務委託の発注とは、業務委託契約でSEO対策を外部に発注することを指します。

業務委託とは、自社で請け負えない業務を外部に委託する契約のことを指し、正社員や契約社員とは異なる形態になります。

まず、業務委託には指揮命令権が発生しません。

そのため業務委託を発注すると、受注者側に裁量権が与えられます。

業務委託の中で、成果物の完成責任がある契約形態を「請負契約」。

完成責任のない契約形態を「委任/準委任契約」と言います。

請負契約は成果物に対して報酬が発生し、委任/準委任契約は契約期間中の断続的な業務行為に対して決まった報酬額が発生します。

ちなみに弁護士などの士業が行う行為なら「委任契約」。

コンサルタントなど法律行為を伴わない専門家が行う行為なら「準委任契約」となります。

つまりSEOの業務委託は「準委任契約」に該当します。

SEO対策の業務委託を個人SEOコンサルに発注した方がいい理由とは?

まず、ここでいう個人とは、個人事業主やフリーランス、SEO対策会社を経営している人やSEO対策会社に勤めている社員など「特定の個人」のことを指します。

SEOの業務委託を発注する際は、SEO対策会社(会社組織そのもの)に発注するのではなく「特定の個人」に発注することをおすすめします。

SEOの業務委託を特定の個人に発注した方がいい理由は5つあります。

  1. SEO対策会社に発注すると、SEO経験の浅い社員がSEO対策を担う可能性があるから
  2. SEO対策会社に発注すると「会社内でどんな施策をしているのか?」内部の状況が見えづらく、不信感が募りやすいから
  3. SEO対策会社の中にはクライアントさんの成果よりも、自社の利益を優先している会社もあるから(特に電話営業してくるSEO対策会社は質の低いサービスをウリに高額なコンサル料を請求してくるので要注意。電話営業自体もSEO経験の浅い、けど口がうまい社員がしていることが多い)
  4. その点、個人に発注すれば1~3のリスクを避けられる↑
  5. 透明性のないSEO対策会社に発注するより、実績・経験、人間性がハッキリ見える個人に発注した方が安心!

SEO対策会社の中には、質の低いサービスをウリに高額なコンサル料を請求している会社も多いです。

SEO対策すれば、こんなメリットがありますよ」と、できもしないことをエサにお金を騙し取ろうとします。

GoogleのアップデートでSEOが厳しくなった今、質の低いSEO対策会社はドンドン淘汰されています。

そんな中、何とか必死に生き残ろうと頑張っているSEO対策会社は、クライアントさんの利益よりも自社の利益を優先します。

SEOには絶対的ノウハウが存在しないのに「SEO対策すれば検索順位が伸びますよ!」「売上が増えますよ!

などと断言し、何とか契約させようとしてきます。

その口車に乗せられて契約してしまったら最後…質の低いサービスで高額なお金を請求され、時間が経ってから、ようやく気づくのです。

あれだけ自信満々なこと言っといて、全然成果が出ないじゃん…」「もしかして騙された?」と。

そうなってしまっては、もう手遅れです。

失ったお金を取り戻せないまま、泣き寝入りするしかありません。

SEO業者に35万円払ったが、最悪な結果となったのでブログをはじめました。本当にありがとうございました。

↑こちらは神戸Tシャツ製造所さんの記事で「悪質なSEO業者に騙された体験談」が生々しく綴られています。

SEO対策の業務委託を発注したいマーケティング会社、広告代理店、Webメディア会社は、悪質なSEO業者にSEO業務を委託してしまうと大切なクライアントさんの信頼を失いかねません。

日々誠実にSEO業務に向き合ってくれる下請けを探さないと自社のブランドを大きく傷つけてしまうので、委託先の会社が普段から悪質なSEO対策をしていないか見極める必要があります。

実態が見えづらいSEOの業務委託を、実態が見えない相手に発注するのは超危険

SEO対策の業務委託を個人SEOコンサルに発注した方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました