企業ホームページ・コーポレートサイトのSEO対策の手順

この記事は約3分で読めます。

田村洸典 koucorp

初めまして!

山口県下松市在住のSEOコンサルタント田村洸典@koucorp)と申します。

この記事では、企業ホームページ・コーポレートサイトのSEO対策の手順をご紹介します。

※動画で音読解説しています。聞き流しながら習得したい方や、早送りで効率的に習得したい方は動画でご覧ください。

SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタント田村洸典が、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。SEOコンサルティングの依頼を募集中。
SEO対策実績と成功事例【職務経歴書】
Googleの検索エンジンを使ってWebサイトの営業・マーケティングを強化するやり方をSEO対策と言います。SEOでは「ホームページやブログのコンテンツの検索順位を上位表示させた実績」が大事ですが、正しくキーワード選定・作成したロングテールキーワードでないと意味がありません。SEO会社ごとに独自の正しい解説情報やコツ、自社オリジナルのツールやリンクの獲得方法を確立しており、その緻密で複雑なノウハウの基、SEOの実績が成り立ちます。そのためSEOの実績の有無はSEOを依頼する上でとても大事な指標になります。※SEO会社と言えば株式会社ジオコードさんが有名です。事業内容はSEO対策・リスティング広告運用・ウェブ制作サービス。社員紹介のインタビュー記事も勉強になります。弁理士。

企業ホームページ・コーポレートサイトのSEO対策とは?

企業ホームページ・コーポレートサイトのSEO対策とは、企業向けのSEO対策…つまりBtoB・BtoCに特化したSEO対策方法のことを指します。

今や企業ホームページ・コーポレートサイトを所有している企業はたくさんいますが、SEO対策を実践している企業は、まだまだ少ない状況です。

企業ホームページ・コーポレートサイトをSEO対策すれば、自社の売上に貢献してくれる営業資産になります。

この記事ではBtoB・BtoCに特化したSEO対策方法を紹介しているので、少しでもSEO対策に興味があれば、是非、参考にしてください。

企業ホームページ・コーポレートサイトのSEO対策の手順とは?

企業ホームページ・コーポレートサイトのSEO対策

企業ホームページやコーポレートサイトを運営しているけど、どうSEO対策すればいいか分からないという企業様は多いです。

そこで今回、SEO歴8年・SEOコンサルタントの僕が、企業ホームページやコーポレートサイトのSEO対策方法をまとめてみました。

企業ホームページやコーポレートサイトをSEO対策したい企業様は、是非、参考にしてください。

導入事例orお客様の口コミを集める

まずは導入事例orお客様の口コミを集めましょう。

導入事例orお客様の口コミを記事化することで、より売上に結びつきやすい見込み客を集客できます。

BtoBの場合は導入事例を、BtoCの場合はお客様の口コミを記事化します。

記事化する前に、まずは自社の導入事例orお客様の口コミをできるだけ集めてください。

導入事例の写真やお客様の顔写真など、ネットで出回っていないオリジナル画像も用意しましょう。

企業ホームページやコーポレートサイトをSEO対策する際は、とにかく「売上に結びつきやすい記事」を作ることが大事です。

そこでもっとも企業ホームページやコーポレートサイトの売上に結びつきやすい記事のネタとなるのが、導入事例orお客様の口コミです。

実際に自社の商品・サービスを導入or購入してくれた実績を記事化することで、実際に自社の商品・サービスを導入or購入してくれた顧客と似た見込み客を集客できます。

ペルソナ設定する

導入事例orお客様の口コミを集めたら、導入事例orお客様の口コミ1つ1つにペルソナを設定します。

ペルソナ設定のやり方は「オウンドメディアのSEO対策で売上を増やす5つのポイント」を参考にしてください。

ペルソナを設定することで、「どういうキーワードで検索してくる人が、自社の導入事例orお客様の口コミに関心があるのか?」を明確にできます。

既に自社の商品・サービスを導入or購入してもらった実績があるなら、実際に導入or購入してくれた企業orお客様を、そのままペルソナ化するのもアリです。

キーワード選定する

ペルソナを設定したら、そのペルソナがどんなキーワードで検索してきそうか?を考えます。

キーワードは自分の要領で何となく決めるのでなく、なるべく自社の商品・サービスを導入or購入してくれた企業orお客様にヒアリングしましょう。

導入or販売実績がなければ、社員同士でブレインストーミングするか、似た実績を持つ競合他社の企業ホームページやコーポレートサイトを参考にしましょう。

とにかくペルソナの気持ちになり切ることが大事です。

タイトルとURLをコピーしました