SEOの検索順位が上がらない3つの原因

この記事は約4分で読めます。

検索意図とは、読者がどういう意図でそのキーワードを検索してくるか?その目的を指します。

検索意図を明確にすることで、次のようなメリットがあります

  • 読者の求めている情報が明確に分かる(記事のネタに困らなくなる)
  • 読者のニーズを満たせるコンテンツを作れるので、サイトの滞在時間やセッション数(回遊率)の数値が改善されSEO評価が上がる
  • 自社サイトの運営が楽しくなる

Googleの検索エンジンはかなり優秀なので、検索意図とズレたコンテンツを上位表示させない仕様になっています。

そのためGoogleの検索画面に上位表示しているサイトは、読者の検索意図にマッチしたコンテンツばかり。

その時点で、読者の検索意図とズレたコンテンツは上位表示する可能性を失います。

しかし、読者の検索意図にマッチしたコンテンツを作れば、状況はガラッと変わります。

「今までの苦労はなんだったんだ?」と思うくらい、自社サイトのSEOが順調になります。

検索順位が上がりやすくなるのはもちろん、読者が自社の有益なコンテンツに価値を感じてくれて感謝の言葉を述べられる機会も増えます。

自社の商品・サービスに関心のある読者も集客できるようになるので、自社サイトの売上にも変化が表れるでしょう。

そうなると自社サイトの運営がすごく楽しくなりますよ。

読者の検索意図を明確にするには、そのキーワードで検索してくる読者のペルソナを明確にするしかありません。

そのキーワードで検索してくる人物像を明確にイメージできないのに、検索意図に沿ったコンテンツを作れるわけがありませんので。

ペルソナ設定の詳しいやり方は「オウンドメディアのSEO対策で売上を増やす5つのポイント」をご覧ください。

Googleの検索順位が上がらない原因は意外とシンプル

いかがだったでしょうか?

SEO対策してもGoogleの検索順位が上がらないと、何が原因で検索順位が上がらないのか分からずモヤモヤしますよね。

SEOは複雑に考えれば考えるほど、答えから遠ざかってしまいます。

本当の答えは、意外とシンプルだったりするものです。

SEOでは、とにかく読者目線に立つことが大事です。

この記事で紹介した3つの原因は、読者目線に立つために絶対に欠かせない要素なので、まだ意識できていない企業様は是非意識してみてください!

ということで以上が「SEO対策してもGoogleの検索順位が上がらない3つの原因」でした。

Googleの検索順位が上がらず悩んでいる企業様は是非参考にしてください。

※Twitterで「SEO対策してもGoogleの検索順位が上がらない原因」に関するご意見をいただきました!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コンテンツSEOの失敗事例が発生する原因とは?
SEO対策は事業の成功に欠かせないビジネスモデルです。転職情報を掲載しているサービスサイトを運営している企業であれば求人・採用関係のキーワードで検索されるよう研究を重ねることが大事です。成功報酬や広告費を払うよりSEOで無料集客できた方が費用効果が高いので。この記事ではSEO対策に失敗する原因(失敗事例)を紹介しているのでSEO対策で成功したい人は是非参考にしてください。リブセンスraquo 。 koucorp
【限定1社】SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタントこうが、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。【限定1社】SEOコンサルティングの依頼を募集中
SEO対策の業務委託を個人SEOコンサルに発注したい担当者様へ
SEO対策の業務委託はSEO対策会社やホームページ制作企業でなく個人SEOコンサルタント(フリーランスなど)に発注することをおすすめします。SEO対策はGoogleの検索エンジンのシステムやプログラミング言語の情報などを基に、広告サービスを使わずWebサイトの記事をキーワード検索で集客するコンテンツマーケティングの一部。SEO対策の業務委託を発注する場合は使用するツールや過去の事例を教えてもらい、さらには契約書を作成してもらって募集内容を確認するなど事前に徹底したリサーチを行うようにしましょう。koucorp

 

タイトルとURLをコピーしました