SEOコンサルティング料金の費用は月額20万円が平均です

この記事は約3分で読めます。

SEO対策の業務をスポットで引き受けたい人や、SEOコンサルタントとしての実績を積みたい人は、数万円レベルで引き受けてくれることが多いです。

その中には、それなりに実績のあるSEOコンサルタントもいるので、月20万以上かけてまでガッツリとSEO対策する必要のない場合は、ランサーズで数万円で発注するのもアリです。

SEOコンサルタントの選び方に失敗しないよう「依頼前に必ずSEOコンサルタントとじっくり交流しよう」

SEOコンサルティング料金の費用

何はともあれ、SEOコンサルティングを依頼する以上、しばらくの間、その人と一緒に仕事していくわけですから、あらかじめ「その人がどんな人か?」を把握しておいた方がいいでしょう。

まずはその人のランサーズやSNS、ブログのプロフィールをじっくり読んで、その人の実績や経験、発信内容をじっくり観察してみてください。

その中で「この人のこともっと知りたいな~」という人がいれば、実際にお問い合わせしたり、SNSで絡んでみるなど、交流してみてください。

例えば僕なんかは、SEO対策が好きで、このスキルをもっといろんな人や社会に役立てたいと考えています。

その中で、SEO対策事業をしている会社に転職したいと考えることが良くあります。

その際に、気になった会社には積極的に自分からアプローチをかけます。

Wantedlyなどの転職サイトを利用する際に、気になった会社に手あたり次第応募して、その中から「返事をくれる会社」を見極めます。

そして、返事をくれた会社と実際にWeb面談してみて、人事の人柄をチェックします。

中にはWeb面談の時点で失礼な態度を取ってくる人事もいますね。

そういう人事がいる会社とは、今後一切かかわらないようにします。

他にもTwitterを使って、SEO会社の社長さんや社員の方と交流することも多いです。

自分から積極的にコメントをして無視されることも多いですが、親身になって返事をしてくれる人もいます。

そういう細かなやり取りを繰り返しながら相手の人柄を確かめ、最終的には「ここにしよう!」と決断します。

ちなみに、今のところ気になっているのは、PLAN-Bさんとバズ部さんです。

ということで、例えが長くなってしまいましたが、SEOコンサルタントを選ぶ際は、まずは理想のSEOコンサルタントのペルソナを明確にし、その人が発信してそうなキーワードで検索をかけまくる。

その際にGoogle検索やYahoo!検索だけでなく、いろんなプラットフォームでリサーチしてみる。

で、何人か候補が見つかったら、その人のスキルと信頼度をじっくり確かめて、気になった人とは積極的に交流しましょう。

そうすれば、失敗しないSEOコンサルタントを選べるはずです!

失敗しないSEOコンサルタントの選び方」を知りたい人は是非、参考にしてください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

SEO対策の外注費用と外注するメリット・デメリット
SEO対策(Google検索エンジン最適化)の外注費用と業者に依頼する場合のメリット・デメリットを解説しています。マーケティング会社やアフィリエイターKYOKOさんなどアフィリエイト情報に詳しい人。Web制作会社やItフリーランスのライターにサイト記事のライティングやユーザー目線に立ったコンテンツの内容を作成してくれるサービス会社。キーワード作成ツールなど作るシステム開発会社。MEO業者など「会社のホームページやブログの集客方法や上位表示方法、リンクの集め方が分からない」「自分でSEO対策する自信がない初心者の方」「どんな会社にSEO対策を依頼すればいいか分からない方」は是非koucorpの記事を参考にしてください。
【限定1社】SEO歴8年のプロが直接SEOコンサルティングします!
koucorpでは、SEO対策(無料のネット集客方法)を主軸にしたWebマーケティングに強いSEOコンサルタントこうが、売上アップコンサルサービスを行っています。店舗や企業の経営者など新規顧客の集客や商品の販売方法をコンサルティング支援しています。詳しいサポート内容はkoucorpのサイトやこちらの記事をご覧ください。【限定1社】SEOコンサルティングの依頼を募集中
SEO対策の業務委託を個人SEOコンサルに発注したい担当者様へ
SEO対策の業務委託はSEO対策会社やホームページ制作企業でなく個人SEOコンサルタント(フリーランスなど)に発注することをおすすめします。SEO対策はGoogleの検索エンジンのシステムやプログラミング言語の情報などを基に、広告サービスを使わずWebサイトの記事をキーワード検索で集客するコンテンツマーケティングの一部。SEO対策の業務委託を発注する場合は使用するツールや過去の事例を教えてもらい、さらには契約書を作成してもらって募集内容を確認するなど事前に徹底したリサーチを行うようにしましょう。koucorp

 

 

タイトルとURLをコピーしました